梅北地下道(北梅田地下道)2023年11月8日に新通路に切替 95年の歴史に幕(グラングリーン大阪・うめきた2期)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2023年11月南東から撮影(青は旧通路・赤は新通路)

グラングリーン大阪(うめきた2期)建設予定地の地下道「梅北地下道(北梅田地下道)」が2023年11月7日夜に閉鎖され、95年の歴史に幕を閉じた。

2023年11月8日朝から、新通路(すべて地上ルート)に切り替わった。

2023年11月南東から撮影(赤は新通路)

現地看板を撮影

梅北地下道

梅北地下道(北梅田地下道)は1928年、当時の国鉄梅田貨物駅の東西を地下で往来できるよう建設された。

建設時の全長は500mだったが、うめきた1期開発で全長205mに短縮され、さらに、2017年12月に全長40mに短縮された。

2023年11月7日夜に、完全に閉鎖され、95年の歴史に幕を閉じた。

今後、地下道は埋め立てられる予定。

参照 産経新聞

2023年11月東から撮影

2023年11月東から撮影

2023年11月新通路の西側

過去写真

2023年10月

2023年10月

地下道の壁画

地下道の壁画

以下は2017年の記事

「地上ルート」供用 2017年12月19日撮影

「うめきた2期」建設予定地の地下道「梅北地下道」が2017年12月19日午前10時に東側165mが閉鎖され、「地上ルート約200m」+「地下道40m」に切替えられた。

 

梅北地下道

梅北地下道は1928年、当時の国鉄梅田貨物駅の東西を地下で往来できるよう建設された。

現在、うめきた2期建設予定地では東海道支線地下化工事が行われており、地下路線を建設するために全長205mの「梅北地下道」の東側165mを閉鎖した。

2017年12月19日以降は、グランフロント大阪から地上歩道を通って、新スロープを経由し「梅北地下道」の西側40mを通って梅田スカイビル(新梅田シティ)方面に行くことになった。

出典 大阪市(当ブログで加工)

error: Content is protected !!