【2019年12月開業予定】ホテルWBF新大阪スカイタワー【32階 高さ105m】

2019年1月撮影

WBF(ホワイト・ベアーファミリー)は、新大阪駅の南西に「ホテルWBF新大阪スカイタワー(32階・高さ105m)」を建設しており、2019年12月に開業する予定。

従来は2019年10月開業予定だったが、WBFの公式HPでは、「2019年12月開業予定」に変更されていた。

2019年1月現在、 現地の作業工程表によると、22階~24階の鉄骨工事、14階~15階のALC工事(外壁設置)、8階~12階の内装・外装工事を実施している。

 

ホテル客室数は、日企設計のHPでは400室と記載されている。

「WBF新大阪ホテル計画」設計コンペ(400室/32階建)において、弊社の設計案が最優秀作品に選ばれました。

引用 日企設計 http://nikki-sekkei.com/?news=716

北側から撮影

2方向避難のため、2つの避難階段が見える。一般的には「非常階段」というが、建築基準法では「避難階段」と言う。

もっと詳しく言うと地上15階以上は「特別避難階段」の設置が義務付けされており、耐火構造の壁、排煙設備のある付室を設ける必要がある。

南側は日当りがいいので客室を配置し、北側に特別避難階段を配置するセオリー通りの設計。

スポンサーリンク


ホテルWBF新大阪スカイタワー 物件概要

名称ホテルWBF新大阪スカイタワー
所在地大阪府大阪市淀川区西中島7-4-2
用途ホテル
敷地面積911.82平米
建築面積521.14平米
延床面積8,173.83平米
容積率対象面積7,291.55平米
客室数400室
構造鉄骨造
階数地上32階
高さ99.6m(建築物)・105.55m(工作物を含む)
事業主ホワイトベアーファミリー
設計日企設計
施工日本国土開発
着工2017年9月中旬
竣工2019年6月下旬
開業2019年12月

立面図

 

現地案内図(配置図)

 

新御堂筋側から撮影

 

新御堂筋側の低層階の様子

間口が狭いが、この幅で超高層ホテルを建てるのではなく、この場所はエントランスとなる。

客室の外壁の様子

 

南側の様子

 

南側低層階の様子

 

北西から撮影

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました