トヨタ「Woven City(ウーブンシティ)」自動運転などの実験都市2021年2月23日着工 2025年入居開始(スマートシティ) 

出典 トヨタ自動車 https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html

トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは「Woven City」(ウーブン・シティ)を「トヨタ自動車東日本 東富士工場跡地」に建設する。

面積は70haで、2025年から約360人が入居を開始し、将来的に2,000人が暮らす街となる。

出典 トヨタ自動車 https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html

Woven City(ウーブンシティ)概要
名称Woven City(ウーブンシティ)
目的自動運転などを実際に住民が住む都市で実証実験を行う
所在地静岡県裾野市「旧トヨタ自動車東日本の東富士工場跡地」
面積70.8ha
3種類の道路自動車専用道
歩行者と自動運転車が混在する低速走行道
歩行者専用道
地下道物流用の自動運転車走行道(地下)
地図

 

現在の道路環境でいきなり「自動運転」を導入するのはリスクが大き過ぎる。そのため、実験都市で実証実験を行い、開発スピードをあげる狙いがあると思われる。

大阪でも森之宮をスマートシティとする動きがあるが、規模が小さ過ぎる。

現在の都市の地下には電気・ガス・水道施設・地下鉄などがあり「スマートシティ化」するには時間がかかり過ぎる。

大阪湾の人工島や伊丹空港を廃港とし「スマートシティ」を建設するのがいいのではないか?

このままでは、大阪は「スマートシティ」で出遅れてしまい。企業集積もできないのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました