北九州空港、滑走路(2500m→3000m)延伸事業 2023年秋に着工、2027年度完成予定

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 北九州空港施設計画検討協議会

政府は、北九州空港(福岡県)の滑走路延長事業を2023年秋に着工する。

現在の2500m滑走路を南側に500m延長し、3000mにするもので、総事業費は130億円、完成は2027年度の予定。

北九州空港の空港島は3000m滑走路を設置できる大きさ「約373ha/4,125m×900m」で、新規で埋め立てをする必要はない。

 

北九州空港の滑走路延伸事業 概要

延長後の滑走路長:3000m(現在2500m)

滑走路幅    :60m(現在も60m)

工期      :4年

事業費     :130億円

整備内容    :滑走路・誘導路・航空灯火・ILS施設など

所在地     :北九州市小倉南区空港北町

設置管理者   :国土交通大臣(国管理空港)

管理面積    :約160ha

空港島面積   :約373ha(4,125m×900m)

アクセス    :小倉駅までバス約50分・福岡までバス1時間30分

 

整備効果

滑走路が3000mに延長されると、これまで直行便が就航できなかった北米・欧州への貨物
定期便の就航が可能となり、アジアの物流拠点としての機能強化が期待される。

  • 輸出(半導体製造装置、半導体材料、電子部品、精密機器)
  • 輸入(自動車部品、食料品、衣類)

 

24時間運用

北九州空港は、海上空港であり24時間運用している。

一方で福岡空港の定期便の運用時間は7時~22時の15時間運用のため、その補完機能を北九州空港が担う動きがある。

例えば、JAL(日本航空)は2023年6月11日、羽田=福岡便が遅延したためダイバート先(代替着陸)として北九州空港を利用している。

この際、乗客354人(A350-900型機)のうち281人がバス5台に分乗して福岡市内に向かい、一部は北九州市内のホテルに宿泊した。

error: Content is protected !!