ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

【2024年】大阪メトロ 夢洲新駅にタワービル建設へ【55階建 高さ275m】

2018/12/21

出典 大阪メトロ(今後、関係者と協議・調整)

2025年の大阪万博の会場となる夢洲(大阪ベイエリア)へ2024年までに大阪メトロ中央線を延伸し、「夢洲新駅」に直結するタワービルを建設する。

高さは275m(55階建)で、投資額は1,000億円、低層階はエンターテインメントエリアとし、中高層階にはオフィスやホテルが入居する。

実現すれば、大阪府内では高さ日本一の「あべのハルカス」(300m)に次ぐ高さとなる。

引用・参照  共同通信

https://this.kiji.is/448425787668563041?c=39546741839462401

 

大阪メトロ「夢洲駅」の位置(出典 大阪メトロ)

 

大阪メトロ夢洲駅(今後、関係者と協議・調整)

夢洲新駅では、自動運転の「モビリティー」に乗り換える構想がある。

 

コメント

当ブログで加工

大阪メトロは、ほぼ南北方向に敷設されるので、この完成予想図は東から見た図と思われる。

右側の建物のイラストは「IR(統合型リゾート)」の建設予定地と思われる。

建物内部の完成予想図も合わせて判断すると、大阪メトロ「夢洲駅」の真上に建設されるのではなく、「夢洲駅」の西側に建設されると思われる。

地下駅と超高層ビルを一体で建設することもできるが、工事が複雑になり工期も長くなるので、駅の真上には建設しないプランと思われる。

発表された完成予想図をじっくり見ると、かなり考えられたプランだと分かる。

 

当ブログで加工

左側の列車は、全面ガラス車両で、島内の「自動運転モビリティー」と思われる。

右側が、「大阪メトロ中央線延伸部分」と思われる。

夢洲駅で「大阪メトロ中央線」と「自動運転モビリティー」を同一ホームで乗り換えるプランのようだ。

 

 

 

伊丹空港の「高さ制限回答システム」によると、夢洲駅付近の高さ制限は「(海抜)約285m」となっている。

このため、夢洲駅(西側)直結のタワーの高さは275mになると思われる。

航空法の高さ制限は6種類があって、「円錐表面」(航空法第56条第3項)の場合、建設用タワークレーンもその高さを超えることはできないが、当局の許可があれば、建設用タワークレーンが高さ制限を超えることができる。

しかし「新大阪駅周辺」は航空法の「延長進入表面」で、当局でも「建設用クレーン」が航空法の高さ制限を超える許可は出せない。

 

大阪メトロ発表の動画

まとめ

今回発表された夢洲タワービルは、伊丹空港による高さ制限も考慮しており、単なる「構想」ではない。

建築デザインはともかく、かなり入念に計画されたもので、実現可能性は高いと思われる。

しかし、日程的には、2024年完成だとすると工期4年で逆算すると、2020年には着工しないと間に合わない。

今後1年~2年で地権者との調整が完了すれば、2024年に間に合うかもしれない。

 

「島内モビテリー」は、いかがなものか?

というのは、神戸のポートライナーは、輸送力が小さく、結局6両から8両に改修する計画が浮上している。

また大阪南港の「ニュートラム」も乗り換えが不便だ。

したがって、大阪メトロと同じ車両で島内ループ線を建設する方がいいと思う。その場合、中央線から直接「島内ループ線」に乗り入れできるようにすれば利便性が高まるはずだ。

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!