交通

交通

(ブロガー提案)伊丹空港を2026年に廃港して、TSMC半導体工場を誘致すべき

伊丹空港 TSMC(台湾積体電路製造)が、大阪府内に最先端の「3ナノメートル」半導体工場(第3工場)を建設するかもしれないという情報がある。 当ブログの考えでは、伊丹空港(大阪国際空港)を2026年に筆者撮影
ニュース 話題

2023年交通事故死亡者数、大阪府ワースト1位2年連続(148人)、愛知県2位(145人)

2023年の大阪府の交通事故死者数は148人(前年141人)で、2年連続ワースト1位となった。 2位は愛知県の145人、3位は東京都は136人、4位は北海道は131人だった。 2023年12月24日時筆者撮影
ニュース 話題

関西空港 2期島のLCC用第2ターミナルの拡張を検討 2030年以降国際線利用者数4,000万人

関西空港(筆者撮影) 関西3空港を運営する関西エアポートの山谷(やまや)佳之社長は、関西国際空港の国際線旅客数について「2025年度に初めて2500万人を超える可能性が高い」と述べた。 (中略) 20筆者撮影
ニュース 話題

北大阪環状モノレール構想(茨木商工会議所)、彩都西駅=箕面萱野駅=阪急箕面駅の構想も

出典 北大阪環状モノレール準備室 茨木商工会議所は、創立75周年を契機とし茨木市を中心とした環状モノレール構想「北大阪環状モノレール準備室」を2023年12月14日に発足させた。 JR茨木駅=彩都西駅筆者撮影
ニュース 話題

2023年11月【関空・伊丹空港・神戸空港】3空港利用者数384万人・2019年比で国際線は99%、国内線は92%まで回復

関西空港(筆者撮影) 2023年11月の「関空・伊丹空港・神戸空港」3空港利用者数は384万人となった。 2019年比で11月単月で国際線は99%、国内線は92%まで回復した。 また、関西エアポートの筆者撮影
ニュース 話題

阪急十三駅「新大阪連絡線・なにわ筋線連絡線」地下ホーム・新駅直上プロジェクト(2040年に完成か?)

出典 大阪府pdf 阪急電鉄は、2031年春に「新大阪連絡線・なにわ筋線連絡線」を開業する目標だが、十三駅については「地下ホーム」を想定している。 図を見ると、「神戸線」と「宝塚線」の間の阪急用地内の筆者撮影
ニュース 話題

「南海電鉄」と「泉北高速鉄道」 2025年度早期に経営統合へ

「南海電気鉄道」は2023年12月20日、完全子会社の「泉北高速鉄道」を経営統合で基本合意した。 具体的には、「南海電鉄」を吸収合併存続会社、泉北高速鉄道を吸収合併消滅会社とする予定。 路線図(出典 筆者撮影
ニュース 話題

JR西日本「QR チケットサービス」2024年下期開始、「QR リーダー」を2024年4月から近畿圏211駅に設置

JR西日本は「QR チケットサービス」サービスを近畿エリアで2024年下期から開始する。 近畿エリア(姫路~長浜~和歌山)の244駅中、自動改札機を設置している211駅に「QR リーダー」を2024年筆者撮影
ニュース 話題

奈良―名古屋の直通列車「急行かすが」復活か?2024年秋に実証運行 三重県、JR西日本

三重県、伊賀、亀山市、JR西日本の4者は、JR関西線経由で奈良と名古屋を結ぶ直通列車を2024年秋、18年ぶり実証運行として復活させる調整に入った。 ちなみに奈良―名古屋の直通列車「急行かすが」は20筆者撮影
ニュース 話題

沖縄県「那覇=名護」(路線長約70km・最高時速100km・所要時間1時間)の鉄道計画、事業費1兆円か?

出典 内閣府 沖縄県の那覇市から名護市までの鉄道計画が検討されている。 具体的には、路線長70km・最高速度100km/h・所要時間1時間・建設費は6,000億円~1兆円とされる。 内閣府の試算(糸満筆者撮影
ニュース 話題

京阪HD、京阪中之島線「中之島駅」から大阪メトロ中央線「九条駅」までの延伸 2023年度中の決定を見送り

大阪メトロ中央線「九条駅」(北側) 京阪ホールディングス(HD)は、京阪中之島線(天満橋―中之島)を大阪メトロ中央線「九条駅」まで約2kmの延伸を検討していたが、2023年度中の決定を見送る。 建設費筆者撮影
ニュース 話題

阪急「新大阪連絡線」「なにわ筋連絡線」2031年春「なにわ筋線と同時開業」へ、JR西も乗り入れ検討

阪急「新大阪連絡線」「なにわ筋連絡線」の概要 路線図 出典 大阪市(当ブログで一部加筆) 阪急電鉄は、新大阪駅から十三駅までの地下新線「阪急新大阪連絡線」と十三駅からJR大阪駅(地下ホーム)までの新線筆者撮影
error: Content is protected !!