2018年 全国百貨店売上 -0.8%減少 大阪+3.9% 東京+0.6%

阪急うめだ本店(大阪市)

日本百貨店協会は2018年(1月~12月)の年間全国百貨店売上高を公表した。

2018年は、大阪府北部地震、西日本豪雨、台風などの自然災害が多く、日本全体では年間-0.8%と減少した。

しかし、地域別に見ると、インバウンドが好調な大阪地区は前年度+3.9%と増加率で全国一位だった。

東京は売上高で1位であるが増加率は+0.6%だった。

地区売上高(億円)前年比増減率店舗数調整前増減率
全国5兆8870億円-0.8%-1.1%
東京1兆6191億円+0.6%
横浜3,577億円+0.3%
名古屋3,763億円+1.7%-0.4%
大阪8,415億円+3.9%
京都2,421億円-0.5%
神戸1,453億円-23.5%-5.1%
札幌1,587億円+0.5%
仙台770億円-0.8%-1.9%
広島1,216億円-3.6%
福岡2,121億円+2.9%

コメント

大阪の百貨店売上高は年間「8,415億円」で神戸の「1,453億円」の約6倍となった。

神戸の百貨店売上高は店舗数調整前で前年比-5.1%と引き続き神戸経済の縮小・衰退傾向が続いている。(店舗数調整後 -23.5%)

福岡市は2,121億円と神戸の約1.5倍となっている。

広島は1,216億円と神戸の1,453億円に肉薄してきた。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました