2025年4月 大阪・関西万博 開催概要「いのち輝く未来社会のデザイン」「会場は大阪湾の人工島(夢洲)」「入場料予想6,000円以上」

出典 日本国際博覧会協会

2025年大阪・関西万博 開催概要

テーマいのち輝く未来社会のデザイン
会期2025年4月13日(日)~2025年10月13日(月)
会期日数 184日間
会場大阪市此花区の人工島「夢洲」
所在地大阪市此花区夢洲
会場面積155ha
アクセス大阪メトロ中央線(北港テクノポート線)延伸・新駅設置予定
経費1,850億円(会場建設)
800億円~830億円(運営費)
来場者数2,800万人
パビリオン数約110
入場料(予想)4,800円(当日・大人)⇒ 6,000円 ⇒ さらに値上げ?

出典 日本国際博覧会協会

「海と空を感じられる会場」をテーマとし、大阪湾に浮かぶ人工島「夢洲」の上空に、1周約2kmのリング状の大屋根(リング)を地上12m(外側の高さ20m)に設置する。

大屋根(リング)の建築面積(水平投影面積)は、約60,000㎡、高さ12m(外側は20m)、内径約615mの世界最大級の木造建築物となる。

このリング状の大屋根は、パビリオンを繫ぐ動線として上を歩くことができ、海を含めた会場全体を見渡すことができる。

出典 日本国際博覧会協会

さらに、基本計画では会場を「未来社会ショーケース」と位置付け、「脱炭素社会」や、人を乗せて移動する「空飛ぶクルマ」など先端技術の実証を推進する。

出典 日本国際博覧会協会

 

アクセス

JR大阪駅からのアクセス予想

事業者ルート交通手段所要時間予想運賃
JR西日本大阪~桜島~夢洲鉄道+バス25分(鉄道15分+バス10分)鉄道180円+バス200円=380円
大阪~夢洲バス25分(直通)500円
大阪メトロ大阪~本町~夢洲鉄道30分(本町駅乗換)350円

 

JR新大阪駅からのアクセス予想

事業者ルート交通手段所要時間予想運賃
JR西日本新大阪~桜島~夢洲鉄道+バス30分(鉄道20分+バス10分)鉄道220円+バス200円=420円
博覧会事務局新大阪~夢洲バス20分(直通)500円~800円
大阪メトロ新大阪~本町~夢洲鉄道35分(本町駅乗換)400円

 

大阪・関西万博公式キャラクター愛称「ミャクミャク(MYAKU-MYAKU)」

パビリオンワールド(PW)施設整備事業3件概要

工区名概要延床面積棟数実施設計・施工契約期間落札価格(税抜き)
PW南東工区管理施設、供給処理施設4.9万㎡21棟・大屋根周長約640m清水建設・東急建設・村本建設・青木あすなろ建設JV7月~27年2月193億6000

万円

PW北東工区パビリオンタイプB・C、ゲート施設5万㎡23棟・大屋根周長約640m大林組・大鉄工業・TSUCHIYA・安井建築設計事務所JV7月~27年2月116億8000万円
PW西工区パビリオンタイプB・C、供給処理施設4.6万㎡26棟・大屋根周長約640m竹中工務店・南海辰村建設・竹中土木・昭和設計JV7月~27年2月175億5500万円

 

入場料案

券種入場料(大人)入場可能期間
普通券通常6000円会期中1回
超早割5000円
早割5500円
開幕券3300円開幕~5月2日の平日1回
前期券4000円開幕~7月18日に1回
平日券5000円平日午前11時以降に1回
夜割券3000円全日午後5時以降に1回
夏パス9000円7月19日~8月31日に何度でも可
通期パス2万3000円一部期間を除いて何度でも可

 

2025年大阪・関西万博 パビリオン

パナソニック、大阪万博パビリオン「ノモの国」

民間パピリオン
飯田グループホールディングス
一般社団法人大阪外食産業協会
住友EXPO2025推進委員会(住友グループ)
特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン
玉山デジタルテック
電気事業連合会
一般社団法人日本ガス協会
NTT
バンダイナムコホールディングス
パソナグループ
パナソニック
三菱大阪
関西万博総合委員会(三菱グループ)
吉本興業ホールディングス

 

 

入場料金と予想入場者数

当初は4,800円の想定だったが、6,000円に引き上げられる予定。

以下、過去情報

入場料金は4,800円(当日・大人)で入場者数は2,820万人と予想し、売上約700億円を見込む。

4,800円×2,820万人は約1,354億円だが、前売り券や小人料金などを勘案して売上700億円としたのだろう。

万博会場整備費用は1,250億円と予想される。会場アクセス道路や鉄道建設費用は730億円と予想されるが、これが万博会場整備費用に含まれるかどうから分からない。

 

2025年大阪万博開催地「夢洲」

出典 大阪市

2025年の大阪万博の会場となる大阪湾の「夢洲」だが、2008年のオリンピック誘致が失敗し、その後、コンテナターミナルが建設され、現在では、メガソーラー発電所もある。

何度も計画が変更され、最終的にIR(統合型リゾート)70haと万博会場155haを建設することになった。

夢洲の開発概要

夢洲全体の開発面積390ha
コンテナターミナル(稼働中)90ha
物流ゾーン(トラック待機)50ha
IR(統合型リゾート)2028年頃部分開業70ha
万博        2025年100ha
万博(ウォーターワールド)2025年55ha
緑地未開発面積25ha

出典 大阪市

夢洲の現状は開発面積390haのうち、先行開発地区140haの埋め立てが終了している。

この先行開発面積140haのうち、90haがコンテナターミナルで残り50haが産業・物流ゾーンとなる。

産業・物流50haのうち、約8.3haがすでに分譲されている。

万博の計画図をみると、本来「産業・物流ゾーン」だった50haも万博会場のようになっている。

万博会場の面積は当初100haの計画だったが、国際博覧会協会の要請で155haに拡大する。

埋め立て工事が間に合わないので海水面を「ウォーターワールド」とし水上にパビリオンを建設し、それらを網目状の桟橋でつなぐ計画になった。

 

2020年ドバイ国際博覧会は開催延期

ドバイ万博は新型コロナウイルス感染症の影響のより、当初の予定から約1年間の後ろ倒しとなる2021年10月1日(金)~ 2022年3月31日(木)に開催される。

このため、2025年4月の大阪・関西万博までの準備期間が当初よりも1年短くなった。

 

ミラノ万博が成功した理由

2015年のミラノ万博(イタリア北部)は「食文化」をテーマにして大成功した。

インターネットで、世界中の情報がリアルタイムで分かる時代だが、ネットでは「食べる」ことができない。

つまり、ミラノ万博が成功した理由は、「インターネット」で体験できない「食文化」をテーマにしたからだ。

大阪万博2025のテーマは「人類の健康・長寿への挑戦」だから、「健康食・長寿食」をテーマの一部にすべきだ。

日本食は「健康食」というイメージがあるが、それを科学的に分析することは意義のあることだ。

 

error:Content is protected !!