【2017】グランフロント大阪 4周年 売上465億円 来場者数2億人突破


2017年、JR大阪駅北の複合商業施設、グランフロント大阪が2013年4月の開業から4周年を迎え、総来場者は2億人に達した。

 年売上高来場者数
1年目(2013/2014)436億円5,300万人
2年目(2014/2015)444億円4,930万人
3年目(2015/2016)458億円5,255万人
4年目(2016/2017)465億円5,352万人

 

開業当初のオフィス入居率約2~3割だったが、2016年4月には約8~9割まで改善した。これによりビル内で働く人の利用も多くなり売上は増加している。

周辺ではルクア(ルクア+ルクアイーレ)の年間売上は761億円、ヨドバシ梅田の売上は約1,200億円で、3施設合計で約2,419億円となる。

 

周辺の建設計画

2017年7月、ヨドバシ梅田の北側に「ヨドバシ梅田タワー」(仮称)が着工した。2019年竣工の予定。

グランフロン大阪との相乗効果により来場者の増加が期待できる。

なお、「ヨドバシ梅田タワー」(仮称)へは2Fレベルでルクアを接続されており、今後グランフロント大阪と接続する予定となっている。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました