【大阪富国生命ビル】ヤフー大阪オフィス リニューアル【Yahoo! Osaka】


2017年10月にヤフーは「グランフロント大阪A館37F」に開発拠点を設けた。以前からある大阪富国生命ビルのオフィスは、営業部署が引き続き入居していると思われる。

その大阪富国生命ビルの「ヤフー大阪」オフィスがリニューアルされた。

スポンサーリンク


大阪富国生命ビル 物件概要

名称大阪富国生命ビル
所在地大阪市北区小松原町2番4号
用途オフィス・商業施設
敷地面積3,889.05平米
建築面積3,008.24平米
延床面積68,491.19平米
容積率1,761%
構造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート)
階数地上28階・地下4階
高さ132.06m
事業者富国生命
設計清水建設・ドミニク・ペロー
施工清水建設
着工2008年6月
開業2010年10月

 

コメント

ヤフー大阪の開発拠点はグランフロント大阪、営業部署は大阪富国生命ビルと2拠点に分かれる。

両オフィス間の距離は徒歩10分程度だが、やはり、1か所に集約した方が効率的と思われる。

ヤフー大阪が2拠点になったのは、資金面ではなく、大阪のハイグレードオフィス不足が原因と思われる。

梅田阪急ビルオフィスタワー(2012年開業)やグランフロント大阪(2013年開業)が開業時に入居率2割~4割だったことから、オフィスビルの新規建設が少なくなった。

 

延床面積

  • 梅田阪急ビルオフィスタワー  253,896.65平米
  • グランフロント大阪              567,927平米
  • 合計                                   821,823.65平米

 

全国主要都市 オフィス面積(2010年)

順位都市名面積
1位東京区部5,007万平米
2位大阪市1,364万平米
3位名古屋市518万平米
4位横浜市475万平米
5位福岡市344万平米
6位札幌市248万平米
7位仙台市213万平米
8位千葉市194万平米
9位神戸市185万平米
10位広島市167万平米
11位京都市112万平米
12位さいたま市102万平米

神戸市全体のオフィス面積は約185万平米なので、梅田に合計延床面積約82万平米のビルが開業した影響がいかに大きかったかが分かる。

しかし、その2年~3年後には入居率90%以上となった。

今年、竣工する大規模オフィスは「なんばスカイオ」(延床面積84,000平米)くらいしかない。

2018年現在、大阪のハイグレードオフィスの空室率は0.3%で、オフィス不足の状態になっている。

 

今後開業予定のオフィスビル

  • 阪神百貨店梅田本店オフィスタワー(2022年竣工予定) オフィス面積143,000平米
  • 旧大阪中央郵便局建替えビル(2022年竣工?)延床面積217,000平米

大規模オフィスビルの建設計画は少なく、大阪市内ではオフォス不足は続くと思われる。

error:Content is protected !!