【2018年3月開業】JR総持寺駅前(茨木市)に40階超高層タワーマンション建設か?

2018年3月17日(土)に開業したJR京都線「JR総持寺駅」(大阪府茨木市)駅前C街区に、40階建て超高層タワーマンションの建設が計画されている。

従来、茨木市の都市計画では14階までの高さ制限があったが、都市計画を変更して高さ制限を140mまで緩和する予定。

スポンサーリンク


JR総持寺駅前「C街区」タワーマンション(仮称)物件概要

出典 茨木市

名称C街区(仮称)
所在地大阪府茨木市庄1丁目
敷地面積C街区全体で約10,000平米
建築面積
延床面積
階数地上40階
高さ140m
戸数約450戸
着工2018年秋
竣工2022年春

今後のスケジュール

出典 茨木市

コメント

JR総持寺駅前の再開発事業は、駅から遠い南から順に「A街区」「B街区」「C街区」に分かれる。

「A街区」(14階 2014年9月竣工)、「B街区」(14階 2016年1月竣工)にはすでにマンションが建設されている。

「C街区」は、駅から最も近いが、南側に「A街区」と「B街区」のマンションがあり、同じ14階建てのマンションでは眺望があまりよくない。

都市計画変更により、高さ制限を140mまで緩和して、40階建てのタワーマンションを建設できれば、眺望がよくなり、駅に最も近いことから人気のマンションになると思われる。

ただ、A街区、B街区購入者にとってはどうなんだろうか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました