2023年1月~6月の訪日外国人数1071万人、2023年6月単月で207万人(インバウンド)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

日本政府観光局は、2023年1月~6月の訪日外国人数は1071万人、202年年6月単月で207万人となったと発表した。

なお、単月で200万人を超えるのは、2020年1月以来3年5か月ぶり。

2019年1月~6月の訪日外国人数は1663万人だったので、2023年上半期(1071万人)は約65%まで回復したことになる。

2019年6月単月は288万人だったので、2023年6月の207万人は約72%まで回復している。

 

 

地域別(2023年1月~6月)

  • 韓国   約313万人
  • 台湾   約177万人
  • アメリカ 約97万人
  • 香港   約91万人
  • 中国   約59万人
  • タイ   約50万人

中国政府は、日本行きの団体・パッケージ海外旅行の販売を禁止している。

 

インバウンド旅行消費額

2023年1月~3月の訪日外国人客(インバウンド)による旅行消費額が1兆146億円で、1人当たりの消費額は約21万円だった。

そこから、試算すると2023年1月~6月の訪日外国人客(インバウンド)による旅行消費額は2兆2500億円(年間ベース4兆5000億円)と推定される。

2019年のインバウンド旅行消費額は4兆8135億円(3188万人)だったので、2023年上半期は93%まで回復している。

ちなみに、2019年の1人当たりインバウンド旅行消費額は16万円だった。

地域別では、2019年の実績では韓国は1人当たりインバウンド旅行消費額7.6万円、台湾12万円、香港16万円、中国21万円、アメリカ19万円だった。

 

コメント

2023年のインバウンド旅行消費額は金額ベースでは、2019年比で約93%まで回復している。

一方で日本の観光業は人手不足のため、インバウンド客がこれ以上増加しても、対応できない。

また、オーバーツーリズムの問題もあり、インバウンド客数を増加させるよりも、高単価な富裕層を増加させるべきだと思う。

error: Content is protected !!