ニュース 話題 交通

【JR京都線】東淀川駅を橋上化、自由通路設置、「開かずの踏切撤去」

「JR東淀川駅 東口 完成予想図」 現地案内図を撮影

西日本旅客鉄道(JR西日本)と大阪市は、「JR東淀川駅の橋上化」、「自由通路新設」、駅付近の「開かずの踏切」の廃止事業を実施しており、2018年末の完成予定。

この工事が完了すれば、JR東淀川駅近辺の「南宮原踏切」と「北宮原踏切」が廃止され、駅の自由通路を利用することになる。

出典 大阪市

スポンサーリンク



現在の「JR東淀川駅東口駅舎」は撤去される予定


JR東淀川駅に橋上駅舎を建設し、自由通路を設置する。

新設される自由通路には、階段、スロープ、エレベーター、上りエスカレーターが設置される。

 コメント

2019年春開業予定の「おおさか東線」はJR東淀川駅に停車せず、東淀川駅の西側を通過する。

周辺ではすでにマンションの建設も始まっており、再開発が期待される。

(仮称)大阪市淀川区東三国1 新築工事

  • 所在地    大阪市淀川区東三国1丁目296-4
  • 事業者    スナダプロパティ
  • 用途       共同住宅
  • 敷地面積          1,452.06平米
  • 建築面積             519.04平米
  • 延床面積           5,533.81平米
  • 容積率対象面積  4,467.18平米
  • 構造 鉄筋コンクリート造
  • 高さ                 39.4m
  • 階数                地上13階
  • 設計・施工       スナダ建設
  • 着工                2018年3月
  • 竣工予定          2019年5月下旬

JR東淀川駅の駅前(東側)

駅から200mくらい幹線道路はすでに整備されている。今後、2018年末に駅改良工事が完成すると、JR大阪駅まで6分とアクセスがよく、マンションが増加するかもしれない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!