JR長崎駅ビル(JR九州)延床10万㎡ 2023年秋全面開業「マリオット入居か?」 西九州新幹線(長崎駅~武雄温泉駅)2022年秋開業

新長崎駅ビルイメージ(北側から)

JR九州は「新長崎駅ビル」に2023年秋全面開業する。以前の計画では2025年に全面開業の予定だったが2年前倒しする。

建物規模は、地上13階・高さ60m・延床面積約10万㎡で、既存施設と合計で約16万㎡の「新長崎駅ビル」となり、マリオットホテル(200室)の誘致を進めている。

なお、西九州新幹線(長崎駅~武雄温泉駅)は2022年秋に開業する予定で、その新幹線と在来線の高架下には「長崎駅高架下店舗」が2022年春に先行開業する。

「長崎駅高架下店舗」の規模は、延床面積約4,400㎡、営業面積は約2,200㎡で、グルメや土産物販店など50店が入居する予定。

 

新長崎駅ビルイメージ(北側から)

 

新長崎駅ビルイメージ(北東側から)

  • 左手前「JR九州ホテル長崎(144室)2000年開業」
  • 右奥「マリオットホテル(200室)予定」

 

新長崎駅ビルイメージ(南側から)

 

新長崎駅ビル 概要
  • 所在地    長崎市
  • 延床面積   102,000㎡(既存建物と合計160,000㎡)
  • 用途     商業施設(41,000㎡)・ホテル(200室)・オフィス(9,000㎡)
  • 階数     地上13階
  • 高さ     60m
  • 開業     2023年秋全面開業

 

位置図

長崎駅高架下店舗(50店舗)2022年春開業予定

  • JR長崎駅の「新幹線と在来線の高架下」
  • 延床面積約4,400㎡
  • 営業面積は約2,200㎡
  • グルメや土産物販店など50店が入居する予定

 

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました