(仮称)門真市駅前地区市街地再開発事業、事業協力者は前田建設工業グループ、2026年度に建替着工(当ブログ予想・高さ100m以上・延床面積10万㎡)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2021年(筆者撮影)

門真市駅前地区市街地再開発準備組合は、2023年1月11日に臨時総会を開催し「(仮称)門真市駅前地区市街地再開発事業」の事業協力者を前田建設工業に決定した。

引用 株式会社ユーデーコンサルタンツ

場所は、京阪電鉄本線「門真市駅」周辺の土地約1.9haで、2026年度に門真プラザ(イズミヤと200戸の住宅)の建替に着工する予定。

当ブログの予想では、再開発後の容積率は500%、高さ100m以上、延床面積10万㎡になる可能性がある。

地図

(仮称)門真市駅前地区市街地再開発事業

名称(仮称)門真市駅前地区市街地再開発事業
エリア京阪電鉄本線門真市駅
所在地大阪府門真市新橋町436―1
面積約1.9ha
対象門真プラザの再整備・駅前広場の整備
事業協力者前田建設工業
構成員野村不動産、京阪電鉄不動産、旭化成不動産レジデンス
門真プラザ住宅200戸とイズミヤ
竣工1973年
階数12階・地下1階
延床面積41,660㎡
建ぺい80%に変更予定
容積率500%に変更予定
再開発後の延床面積10万㎡(当ブログ予想)
2023年度前半都市計画素案を策定
2023年度秋都市計画決定
2024年度事業計画・組合設立認可
2025年度権利変換計画認可
2026年度門真プラザの建替に着手

既存の門真プラザには住宅200戸があることから、再開発後も住宅となると予想される。

当ブログの予想の再開発後の延床面積10万㎡が正しい場合、高さ100m以上のタワーマンションとなる可能性もある。低層階は駅前立地なので商業施設になると予想される。

error:Content is protected !!