ニュース 話題 神戸/兵庫

神戸市内の新規開業ホテル【2018年~2020年】

2018/09/20


神戸阪急ビル東館(レム神戸が入居予定)

開業日 名称 客室数 場所
2018年1月25日 ユニゾイン神戸三宮 199室 三宮駅
2018年4月1日 BRENZA HOTEL 147室 三宮駅
2018年4月13日 カンデオホテルズ神戸 160室 元町駅
2018年5月10日 ホテルリブマックス神戸三宮 77室 三宮駅
2018年8月1日 ピーナッツホテル 20室 北野坂
2018年8月1日 神戸ルミナスホテル三宮 257室 三宮駅
2018年9月28日 コンフォートホテル神戸三宮 219室 三宮駅
2018年秋 レイアホテル神戸元町 111室 元町駅
2018年11月 プレジャースコーポレーション 96室 神戸市中央区
ドーミーイン神戸元町 調査中 元町駅
2019年秋 相鉄フレッサイン神戸三宮  271室 三宮駅
2019年夏 東横イン三宮神戸市役所前 調査中 三宮駅
2019年秋 アパホテル神戸三宮駅前  177室 三宮駅
2020年 聚楽  250室 神戸駅
2021年 レム神戸(仮称) 300室(予想) 三宮駅

レム新大阪の賃貸面積は7,200平米で客室数は296室となっている。

レム神戸(仮称)の延床面積は7,800平米なので、客室数約300室と予想した。

スポンサーリンク


関西のホテル客室増加数(当ブログ集計)

都市名 2016年客室数 2020年客室数 増加室数
大阪 50,000 68,000 18,000
京都 22,000 35,000 13,000
神戸 12,500 15,000 2,500

 

コメント

当ブログの集計では、2016年現在、神戸のホテル客室数は12,500室だが、2020年には約15,000室まで増加すると予想される。

しかし、大阪と京都ではホテル客室数が合計で3万1000室増加すると予想され、今まで、大阪や京都のホテルが満室で予約が取れず、神戸に宿泊していた利用者が減少すると予想される。

そうなると、神戸のホテル稼働率は低下する可能性がある。やはりホテル客室数でも神戸は出遅れていると分析できる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!