「大阪」がブランド化しつつある?

2018年7月、大阪の「たこ焼き屋」が3年間で売上5億円で、1億3000万円を脱税したニュースがあった。

「粉もん」でそれだけ儲かるものだと思ったが、訪日外国人は年間1,000万人を超え過去最高となっている。

大阪市内はホテルやタワーマンションを中心に建設ラッシュが続いている。

大阪に住んでいると気づかないが、「大阪」がブランド化しつつあるかもしれない。

スポンサーリンク


大阪のブランド戦略

東京マスコミが発信する「大阪のイメージ」は通天閣(新世界)や道頓堀ばかりだ。

もちろん、それらも大阪の一つではあるが、そればかりが注目されるのはどうかと思う。

例えば、中之島公園やグランフロン大阪(うめきた)は全国的には、大阪のイメージとは結び付かない。

しかし、最近は外資系企業や大阪資本以外の「静岡」「神奈川」「福岡」「沖縄」などのホテルチェーンが大阪に進出してきている。

日本各地の企業が大阪に進出するということは、テレビで見る「大阪」ではなく、実際に「大阪」を体験する人が増加することを意味する。

それはやがて、大阪のイメージの変化につながるかもしれない。

 

ブログで実験してみた

当ブログのキャッチフレーズを「関西の再開発」⇒「大阪・関西の再開発」にしてみた。

変更して3週間で、アクセス数が大幅に増加した。

「人間の意識」を変えるには何年、何十年もかかる。

しかし、ネットはリアルタイムで情報を書き換えるので、ネットから「変化」が始まると思う。

「大阪に対するイメージ」の変化はネットで始まったばかりだが、数年後には、リアルでも「人間の意識」が変化するかもしれない。

スポンサーリンク


神戸のブランド戦略


神戸の風景(阪急神戸三宮駅の北側)

 

JR三ノ宮駅の南側

これで、「おしゃれな神戸」というイメージを作り上げたのだから、神戸人って特殊な才能があるようだ。

テレビ番組で、神戸人は毎日「ケーキ」を食べると放送していた。最近のショートケーキは1ピース700円くらいする。

3人家族なら3つで毎日2,100円かかる。1ヵ月で約6万円、1年なら約72万円もケーキを買うことになる。

しかし、総務省の家計調査(2014年~2016年の平均)によると、菓子類の購入額は全国平均は年間82,209円だが、神戸市は79,336円と平均以下で全国37位となっている。

総務省の家計調査(2014年~2016年の平均)菓子類の年間購入額

順位都市名年間購入金額
1位金沢市101,204円
2位山形市94,527円
3位福島市92,253円
4位奈良市91,048円
5位川崎市90,958円
6位横浜市89,953円
7位京都市89,925円
8位名古屋市89,855円
9位東京都区部89,303円
10位仙台市88,965円
37位神戸市79,336円

テレビ番組の想定なら神戸人の年間のケーキ購入額は72万円だが、総務省のデータによると、神戸人の「菓子類」購入額は約8万円でしかない。

テレビ番組を信じるか、「総務省の家計調査」を信じるかはあなた次第です。

しかし、このテレビ番組って餃子については「総務省の家計調査」を引用しているのに、神戸のケーキ(菓子類購入額)については、「総務省の家計調査」を引用していないのが不可解。

 


おしゃれな神戸の中心「三宮」の街並みをアップにしてみました

error:Content is protected !!