2019年5月にも神戸市 人口で川崎市に抜かれ7位に転落か?

川崎市の人口は2019年4月1日現在、1,522,241人(前年比+12,354人)となった。

一方、神戸市の人口は2019年4月1日現在、1,522,635人で、川崎市を394人上回っている。

しかし、川崎市は人口増加、神戸市は人口減少しており、2019年5月以降、川崎市に逆転される可能性がある。

 

順位都市名人口調査日
1横浜市3,739,836人2019年2月1日現在
2大阪市2,726,905人2019年2月1日現在
3名古屋市2,321,421人2019年2月1日現在
4札幌市1,965,956人2019年2月1日現在
5福岡市1,582,828人2019年2月1日現在
6神戸市1,522,635人2019年4月1日現在
7川崎市1,522,241人2019年4月1日現在
8京都市1,467,294人2019年2月1日現在
9さいたま市1,298,349人2019年2月1日現在
10広島市1,199,504人2019年2月1日現在

神戸市の人口は2015年に福岡市に抜かれ、全国6位となった。川崎市に人口で逆転されれば全国7位となる。

神戸市は中心市街地の再開発が遅れており、大阪市はもちろん、姫路市、明石市、尼崎市の再開発が進んでいるが神戸市の人口減少の要因になっている。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました