コラム 小説 ニュース 話題 プロジェクト 大阪市/大阪府 神戸/兵庫

米中貿易戦争で、コンテナ船の日本寄港が増加する?

投稿日:

神戸港

2019年5月、世界最大のコンテナ船「全長366m 14万トン」が横浜港に寄港した。

米中貿易摩擦が深刻化しており、中国から工場がインドやタイに移転する動きが加速している。

そのため、中国や韓国の港でコンテナ積載量が減少する可能性がある。

一方、日本からヨーロッパやアメリカへの貨物量は安定傾向にあり、日本の港でコンテナを積載する機会が増加する可能性がある。

 

神戸港への影響

米中貿易摩擦の本当の目的は、中国とアメリカの覇権争いだ。

中国はアメリカから超大国の座を2050年頃に奪取しようとしており、アメリカがそれを阻止しようとしている。

したがって、米中貿易摩擦は、数年単位の長期間続くと考えられる。

今後、少なくとも数年間は、日本の港のコンテナ貨物量が増加する可能性がある。

しかし、神戸市が積極的にコンテナ船の誘致をしているようには見えない。

神戸市や兵庫県は「神戸空港国際化」と言っているが、早くても2025年の話だ。

しかし、今コンテナ船の寄港が増加しているのだから、神戸市兵庫県は目前のことに注力すべきだはないか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-コラム 小説, ニュース 話題, プロジェクト, 大阪市/大阪府, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.