リニア中央新幹線(名古屋~新大阪)2037年開業予定 環境アセスメント2023年12月着手

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 亀山市

JR東海は、2023年12月7日に2037年開業予定のリニア中央新幹線(名古屋~新大阪)の環境影響評価(環境アセスメント)について奈良県内と三重県内の2か所で着手したと発表した。

環境影響評価(環境アセスメント)により「詳細な名古屋~新大阪のルート」と「三重県内(亀山市内)」及び「奈良県内」の中間駅候補地を選定する。

JR東海は2027年開業を目標に品川~名古屋区間を着工しているが、静岡県内の区間は未着工で開業が遅れる可能性が高い。

JR東海の丹羽社長は、現段階で開業時期は明らかにできないとしている。

個人的な予想では、環境アセスメントに3年~4年かかり、名古屋~新大阪間の着工は2027年~2028年頃、新大阪延伸開業は2040年頃だと思う。

 

中間駅候補地

奈良県内と三重県内に1駅ずつ中間駅を設置する予定

駅候補地 場所
奈良県内 JR平城山(ならやま)駅(奈良市)

八条・大安寺周辺のJR新駅「八条新駅」(奈良市)

大和郡山市内の近畿日本鉄道とJRが交差する地点

三重県内 亀山市内の3カ所

リニア中央新幹線 概要

区間 距離 所要時間(時短) 開業時期 総工費
品川~名古屋 286km 40分(-50分) 2027年 5兆5000億円
名古屋~新大阪 152km 27分(-21分) 2037年 4兆5000億円
品川~新大阪 438km 67分(-71分) 2037年 9兆円

 

今後のスケジュール

内容
2022年度 JR東海に中間駅の亀山市内設置を要望
2023年ごろ 駅位置を半径5kmの範囲で公表
2027年 品川~名古屋開業
2037年 名古屋~大阪開業

 

error: Content is protected !!