【東京都中央区】日本橋一丁目中地区市街地再開発「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」日本初進出・「高さ284m・52階建」 2025年度完成予定(解体施工 清水建設)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 三井不動産

東京都中央区の「日本橋一丁目中地区市街地再開発組合」は、C街区(地上52階・高さ284m・延床面積約38万㎡)を含む再開発計画(区域面積約3ha)について、2020年11月10日に既存建物27棟(延床面積14万㎡)の解体着工し、2025年度の完成を目指す。

総事業費は約3,167億円で、既存建物の解体工事は清水建設が担当する。

すでに、2020年10月13日、全体計画の概要を記事化していますが「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」入居について加筆しました。

ウォルドーフ・アストリア東京日本橋

C街区の39階~47階には、ヒルトンの最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が日本初進出し、2026年に開業予定。

施設名 ウォルドーフ・アストリア東京日本橋
英語表記 WALDORF ASTORIA HOTELS & RESORTS
所在地 東京都中央区日本橋一丁目4~12番(C街区)
延床面積 32,000 ㎡
客室数 197室(キングルームの客室面積は60㎡以上)
階数 39階~47階(C街区) ※お客様がご利用いただける階数は40階~47階
付帯設備 レストラン(3 カ所)、ラウンジ&バー、宴会場、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、チャペル
開業予定 2026 年

出典 三井不動産

 

出典 kantei.go.jp

日本橋一丁目中地区市街地再開発 概要(案)出典 kantei.go.jp

配置図(出典 三井不動産)

名称 日本橋一丁目中地区市街地再開発
住居表示 東京都中央区日本橋一丁目4~12番
街区 全体 A街区 B街区 C街区 D街区(COREDO 日本橋)
容積率 約1,600% 約350% 約220% 約1,950% 約1,450%
敷地面積 24,600㎡ 1,370㎡ 2,060㎡ 15,560㎡ 5,610㎡
延床面積 499,000㎡ 5,000㎡ 6,000㎡ 395,000㎡ 93,000㎡
容積率対象面積 394,100㎡ 4,800㎡ 4,500㎡ 303,400㎡ 81,400㎡
高さ 32m 31m 284m 121m
階数 地上4階・地下1階 地上7階・地下2階 地上52階・地下5階 地上20階・地下4階・塔屋1階
用途 事務所・店舗 店舗・住宅 事務所・店舗・ホテル・住宅・カンファレンス施設・ビジネス支援施設 事務所・店舗・ビジネス支援施設
構造 鉄骨造
建築主
設計 日本設計・東急設計コンサルタント
施工 清水建設・三井建設・東急建設
着工予定 2020年解体着工 2001年
竣工予定 2025年度 2004年

 

位置図(出典 三井不動産)

水辺のイメージ(日本橋野村ビルの一部を保存)

地図

error: Content is protected !!