ニュース 話題 大阪市・大阪府

【大阪市森之宮】旧成人病センター解体工事【東成区】

投稿日:

2019年11月(北側を撮影)

大阪市東成区の森ノ宮「旧大阪府立成人病センター」の解体工事が始まったようだ。

以前の情報では、2020年度以降に解体工事に着手だったので、もしかすると部分的な解体か現地調査の可能性もある。

 

2019年8月7日付け建通新聞によると「旧大阪府立成人病センター駐車場棟他2棟撤去工事」が着工しており、発注者は「地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所」とのこと。

引用・参照 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190806700054.html

 

2019年11月(北西から筆者撮影)

再開発計画


大阪府は、旧大阪府立成人病センター(森之宮)等の跡地を「大学などの高等教育・研究機関」「健康・医療・介護関連産業」として再開発する方針で、民間事業者の参画意向、市場性の有無、事業アイデア等を把握するため「マーケット・リサーチ(市場調査)」を実施し、その結果を2018年11月に公表した。

全体の敷地面積約3.1haのうち、「旧大阪府立成人病センター跡地等2.4ha」についてのマーケット・リサーチを実施した。

残りの約0.7haについては、「大阪府健康安全基盤研究所一元化施設」として別途再開発すると思われる。

 

2018年マーケットリサーチの概要

出典 大阪府

本件建物は「大阪府立健康科学センター」と「大阪府立成人病センター研究所」の合築施設として建設された。

 

旧大阪府立成人病センター 物件概要

所在地 大阪市東成区中道1丁目3番3号
敷地面積 約30,700平米
延床面積 延床面積 約12,000平米
(健康科学センター5,200平米)
(成人病センター研究所4,300平米)
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)
階数 地上13階・地下1階・塔屋2階
高さ 高さ 約71m
着工 1997年10月
竣工 2001年3月

 

再開発計画案

  • にぎわい創設ゾーン「大学などの高等教育・研究機関」
  • 多世代交流・居住ゾーン「健康・医療・介護関連産業」

出典 大阪府

再開発用地

1 約15,450平米 旧大阪府立成人病センター跡地
2 約7,900平米 地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所森ノ宮センターの用地及び旧大阪府環境農林水産総合研究所の跡地
3 約1,100平米 民間医療施設の用地等
合計面積 24,450平米

 

コメント

JR大阪環状線「森ノ宮駅」の東側の徒歩圏で、交通アクセスがいい立地。

本件物件の道路を挟んだ北側の大阪メトロ森之宮検査場に「大阪府大と大阪市大の統合大学(公立大学法人大阪)」が2025年にも移転する。

アクセス

-ニュース 話題, 大阪市・大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.