沖縄都市モノレール(ゆいレール)2023年8月10日 3両編成 運行開始

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

試運転(筆者撮影)

3両化

沖縄都市モノレールは、2023年8月10日に現在の3両編成車両(2編成)の運行を開始する。

乗車定員は現在の2両編成の165人から86人増え、251人になる。

朝夕の混雑する時間帯に運行する予定。

3両編成車両内の様子(筆者撮影)

2023年8月10日時点では、3両編成車両は2編成だが、2023年度中に3両編成の新造車両を合計4編成導入予定。

さらに、現在の2両編成車両に「中間車両(全長19m)」を連結し3両化するものが5編成計画されており、最終的には3両編成車両は合計9編成となる見込み。

(3両編成車両)キャリーバッグを置く場所が多い

 

沖縄都市モノレール線概要

名称 沖縄都市モノレール線
愛称 ゆいレール
開業 2003年8月10日(那覇空港駅~首里駅15駅・12.9km)
延伸 2019年10月1日(首里駅~てだこ浦西駅4駅・4.1km)
路線長 17.0km
所要時間 37分(那覇空港 =てだこ浦西)
最高速度 65km/h
駅数 19駅
方式 跨座式モノレール(日本跨座式)
車両 2両編成:定員165名(座席数65席)

3両編成:定員251名

編成数:23編成(2020年現在)

事業費 開業時:1,100億円

延伸時:350億円

error: Content is protected !!