【統合型リゾート】大阪IRを早期実現する方法

IRスケジュール延期

政府は、統合型リゾート施設(IR)のカジノ規制を担当する「カジノ管理委員会」の設置を、当初予定していた2019年7月1日から先送りする。

大阪夢洲のIRは投資額1兆円と予想される。また京阪電車は、IRが正式に決定すれば、がIR予定地(夢洲)まで鉄道を延伸すると表明している。

したがって、大阪夢洲IRが延期されると、大阪全体の再開発が大きく遅れることになる。

 

一般市民になにができるか?

一般市民にできることは限られるが、選挙で「IRに反対する党」に投票しないことが考えられる。

また、IR延期について、おかしいと思う官僚も多いはずだ。そういうまともな官僚に動いてもらうために「国民の意見」を首相官邸に送るという方法もあると思う。

 

首相官邸の意見募集HP

ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想) | ご意見・ご感想 | 首相官邸ホームページ
首相官邸のホームページ。皆さまの、首相官邸に対するご意見・ご感想をお聞かせください。各府省庁へ直接送信できます。

感情的に非難するのではなく、大阪、そして日本全体の発展のために「IR」が必要であることを伝えることが重要だと思う。

テレビ局などは、200件もメールが入ると幹部会議の議題になるらしい。

100件~200件でも意見投稿されると政府も動くかもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました