大阪メトロの電車とホームの段差・隙間が小さい件(くし状ゴム)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

大阪メトロ「西梅田駅」

大阪メトロ「西梅田駅」

電車とホームの隙間って幅10cmくらいは当たり前で、ひどいところは幅20cmくらいの隙間がある鉄道もある。

ちなみに、国の目安は「ホームと車両の段差3cm・隙間7cm」となっている。

大阪メトロは、この段差や隙間が少ないことで有名らしい。

例えば、大阪メトロ「西梅田駅」の場合、目測で段差は1cm~2cm、隙間は3cm~5cmくらいだと思う。

大まかに言って、国の目安の半分くらいだと思う。

電車に乗っていた観光客が「大阪の地下鉄って、電車とホームの隙間が少ない」って話しているのを聞いて、改めて調べてみました。

大阪メトロでは、全国に先駆けて2010年頃から「くし状ゴム」の導入を進めていて、2018年1月には「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞している。

2021年度末で、大阪メトロの全駅133駅のうち、59駅で設置が完了している。

今後、2026年3月までに大阪メトロの全駅で「くし状ゴム」の設置を完了する予定。

error: Content is protected !!