札幌駅(東側)「北6東2丁目計画」高さ100mの超高層ビル3棟 2023年~2025年に完成へ(タワーマンション2棟+ホテル棟1棟)

出典 札幌市

大京、京阪電鉄不動産、ミサワホーム北海道(3社共同体)及び大手カタログ通販「ベルーナ(埼玉県)」は、JR札幌駅の東側「札幌総合卸センター跡地」に高さ100mの超高層ビルを3棟建設する。

「北6条東2丁目地区再整備」と呼ばれる再開発計画で、敷地面積1.1ha・高さ100m・延床面積3棟合計65,900㎡と予想される。

今後、2021年から順次着工し、2025年に全面完成を目指す。

2030年開業予定の北海道新幹線「札幌駅」は現在のJR札幌駅の東側に建設される予定で、本件立地は新幹線駅に近く、アクセスがいい。

 

札幌市「北6東2丁目計画」概要

ホテル棟マンションA棟マンションB棟
所在地札幌市東区北6条東2丁目街区
敷地面積11,000㎡
階数地上30階地上21階地上21階
高さ約100m約100m約100m
延床面積28,500㎡18,700㎡18,700㎡
客室数・総戸数330室220戸220戸
事業者ベルーナ大京、京阪電鉄不動産、ミサワホーム北海道
着工2021年2021年2022年
竣工2023年2024年2025年

  • 30階建ホテル棟の低層階には商業施設が入居する予定。
  • A棟・B棟のマンションは21階建で高さ100mなので階高は約4.8mとなり、普通のマンションの3.5mよりもかなり階高が高い。(情報が間違っているか、ロフト付のマンションの可能性もあると思う。)
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました