【2019年6月末竣工】新長田合同庁舎【兵庫県+神戸市+外郭団体】

2019年6月末撮影

神戸市「新長田駅南地区」の活性化と県民・市民サービス(税金相談・公営住宅募集)の向上を図るため、兵庫県と神戸市の共同事業として整備を進めてきた「新長田合同庁舎」の建設工事が2019年6月末に完了し、2019年8月から順次関係機関が移転・業務を開始する。

兵庫県、神戸市、外郭団体職員の合計約1,050人(兵庫県280人・神戸市770人)が勤務することになる。

JR新長田駅、神戸市営地下鉄新長田駅から徒歩10分くらい。最寄り駅の神戸市営地下鉄海岸線「駒ヶ林駅」前の立地。

 

2019年6月末撮影

 

低層階の様子

新長田合同庁舎 物件概要

名称新長田合同庁舎
所在地神戸市長田区二葉町5丁目
敷地面積約3,820平米
建築面積約2,800平米
延床面積約19,500平米
構造鉄骨造
階数地上9階(執務室8階+塔屋1階)
高さ約39m
総事業費約90億円
整備主体兵庫県・神戸市・神戸すまいまちづくり公社
着工予定2017年11月
竣工予定2019年6月末

スポンサーリンク



フロア構成

フロア部署業務開始日
8階神戸すまいまちづくり公社2019年9月17日
7階県民交流室2019年8月5日
県住宅供給公社2019年9月24日
6階神戸県税事務所2019年9月9日
2階~5階神戸市税金部門2019年8月13日~26日
1階神戸生活創造センター2019年9月24日

 

コメント

JR新長田駅

JR新長田駅から徒歩10分で近いように思えるが、実際に歩くと信号がいくつもあり不便。

 

新長田駅付近の様子

 

阪神高速神戸線の下を通過する

結局、新長田の再開発ビルのペデストリアンデッキ経由で行くか、地下鉄海岸線の新長田駅から駒ヶ林駅まで1駅乗ることになると思う。

 

新長田合同庁舎

なぜ、JR線からアクセスできる便利な「新長田駅前」ではなく、地下鉄海岸線で1駅南の「駒ヶ林駅」前に建設したのか?

それは「新長田南地区」の活性化のためと、地下鉄海岸線の利用者を増加させるためだと思われる。

そのために、敢えて不便な場所に建設したとのではないか?

言い換えると、神戸市は採算性の悪い「地下鉄海岸線」を建設したが、利用者が少なかった。

そこで兵庫県と神戸市は「合同庁舎」を建設し、自作自演で「地下鉄海岸線」の利用者を増加させようとしているのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました