宝塚市立文化芸術センター 「五十嵐健太 飛び猫写真展」2022年2月11日 ~3月27日開催 (手塚治虫記念館の北側に2020年6月1日開館)

2019年12月(南側を撮影)

2020年6月1日に開館した「宝塚市立文化芸術センター」で「五十嵐健太 飛び猫写真展」が開催されている。

(宝塚市立文化芸術センター様から取材依頼を頂きましたが、すぐにはお伺いできそうにないので概要を掲載します)

 

「五十嵐健太 飛び猫写真展」概要

展覧会名「五十嵐健太 飛び猫写真展」
会期2022年2月11日(金・祝)~3月27日(日)
休館日毎週水曜は休館「ただし2月23日(水・祝)は開館」
時間10:00~18:00(入場17:30まで)
会場宝塚市立文化芸術センター 2階メインギャラリー
所在地兵庫県宝塚市武庫川町7番64号
アクセス阪急・JR「宝塚駅」から徒歩11分、阪急「宝塚南口駅」から徒歩6分・有料駐車場12台(最大料金8:00~20:00は800円)
観覧料500円(中学生以下無料)
同時開催公募企画「猫と宝塚」写真展
HPhttps://takarazuka-arts-center.jp/post-exhibition/post-exhibition-561/

出典 宝塚市

兵庫県宝塚市は、手塚治虫記念館の北側に「宝塚市立文化芸術センター」を2020年6月1日に開館した。

建物の規模は地上2階・延床面積3,352.69㎡で「文化芸術施設」や「売店」も設置する。

総事業費は38億円(土地取得費用 15億円)で「宝塚みらい創造ファクトリー」が施設管理者となる。

設計は東畑建築事務所が担当した。

2019年12月(筆者撮影)

建物自体は、2019年9月末に竣工していた。

旧宝塚ガーデンフィールズは、旧宝塚ファミリーランドの跡地に「緑やペット」と共に生活するコンセプトの公園として、2003年に開園し2013年に閉園した。

アクセスは阪急・JR「宝塚駅」から徒歩11分、阪急「宝塚南口駅」から徒歩6分。タイムズ「宝塚文化芸術センター庭園駐車場」(12台)も設置する。

アクセス

宝塚市立文化芸術センター 概要

名称宝塚市立文化芸術センター
敷地面積約15,000㎡
延床面積3,352.69㎡
(文化芸術施設)3,110.89㎡(地上2階建)
(カフェ棟)96㎡
(売店棟)145.8㎡
設計東畑建築事務所
開業2020年6月1日
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館)
開館時間センター・屋上庭園:10:00〜18:00

メインガーデン:10:00〜17:00

 

2019年12月撮影

建物の屋上は「屋上庭園」になっており、夜間を除いて遊歩道として自由に歩くことができる。

 

出典 宝塚市

拠点施設(文化芸術施設)

文化芸術施設は周囲の緑と調和した建築デザインとする。緑を眺めながらくつろげるカフェ、レストランを設置する。

フロア構成

屋上屋上公園
2Fメインギャラリー
1Fキューブホール
サブギャラリー
ライブラリー(図書室)
アトリエ
会議室
庭園メインガーデン
みんなの広場
ガーデンハウス

 

メインガーデン

旧宝塚ガーデンフィールズ(イングリッシュガーデン)を再整備し、水辺と庭園を一体化した空間を形成する。

 

2019年12月(西側から撮影)

 

2019年12月(北西から撮影)

 

2019年12月(北側道路を撮影)

 

2019年12月(駐車場を撮影)

北東に有料専用駐車場(12台)が設置される。

 

現地「開発構想」のお知らせ

 

ゾーニング

 

フロントガーデンゾーン

阪急宝塚駅側を「フロントガーデンゾーン」とし、「花のみち」と連続する歩行者空間とする。

 

活動拠点ゾーン

「活動施設」の北東を「活動拠点ゾーン」とし、市民が交流できる緑の休憩スペースとする。

 

コメント

旧宝塚ガーデンフィールズの北側部分には2017年12月に「ニトリ宝塚歌劇場前店」と「ユニクロ」が開業した。

阪急・JR「宝塚駅」から宝塚歌劇場前の「花のみち」を通っていけるが、文化芸術センター前の交差点の信号待ちが2分~3分かかるので「宝塚駅」からは13分~15分くらいかかるかもしれない。

阪急「宝塚南口駅」からは徒歩6分と近い。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました