(東京駅)八重洲二丁目中地区市街地再開発(43階・高さ226m・延床面積約39万㎡)2028年度竣工

外観イメージパース(東京駅八重洲口側)出典 三井不動産

八重洲二丁目中地区市街地再開発組合と「鹿島建設、住友不動産、独立行政法人都市再生機構、阪急阪神不動産、ヒューリック、三井不動産」の参加組合員6社は、東京駅前(八重洲口)に超高層複合ビルを建設する。

建物の規模は、43階・高さ226m・延床面積約39万㎡で、2028年度に竣工する予定。

位置図(出典 三井不動産)

断面図(出典 三井不動産)

本物件には、オフィス、世界に向けて日本の文化・情報を発信する商業施設、エンターテインメント機能としてエリアに新たな賑わいを創出する劇場が入居する予定で、さらに、交通結節機能の強化として、近隣で再開発事業施行中の東京ミッドタウン八重洲(2022年8月竣工予定)および東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業と一体運用を行う地下バスターミナルを整備する。

八重洲二丁目中地区市街地再開発 概要

名称八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都中央区八重洲二丁目4番、5番、6番、7番
用途事務所、店舗、劇場、サービスアパートメント、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場等
敷地面積約19,600㎡
延床面積約388,300㎡
高さ約226m
階数地上43階、地下3階、塔屋3階
事業主体八重洲二丁目中地区市街地再開発組合
権利変換計画認可2022年度(予定)
工事着工2024年度(予定)
建物竣工2028年度(予定)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました