【三井不動産 竹中工務店】木造(集成材)17階建・高さ70mのオフィスビルを東京・日本橋に建設か?【2025年竣工】

出典 三井不動産

三井不動産と竹中工務店は、東京都中央区日本橋本町一丁目に、木造建築物として国内最大・最高層となる賃貸オフィスビルの建設の検討に着手した。

建物の想定規模は、地上17階建、高さ約70m、延床面積 約26,000㎡で、2023年着工・2025年竣工を目指す。

 

耐火集成材(出典 三井不動産)

木造ではあるが、耐火集成材「燃エンウッド」を柱と梁に使用すると思われる。

 

物件概要
名称(仮称)東京・日本橋木造17階オフィス計画
所在地東京都中央区日本橋一丁目3番他
用途事務所・店舗・駐車場
敷地面積約2,500㎡
オフィス基準階面積約300坪(約1,000㎡)
延床面積約26,000㎡
階数地上17階
構造ハイブリッド木造
高さ約70m
建築主三井不動産
設計予定者竹中工務店
施工
着工予定2023年
竣工予定2025年

地図

耐火性や構造計算では可能かもしれない。しかし、トラックがビルに衝突するようなこと考えると、低層部分(地上1階~地上5階)くらいは、鉄骨造で建設した方がいいのでは?
パースからスパン(柱の間隔)は5m~6mと予想されるが、事務所としては「柱」が多過ぎて使いにくいようにも思える。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました