【東京都港区】虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟(高さ180m・38階)2023年11月竣工予定

「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」が、2020年9月、新築工事に着工した。今後、2023年11月に竣工する予定。

建物の規模は、地上38階・高さ約180m・延床面積約18万㎡で、基本設計は日本設計・三菱地所設計共同企業体、実施設計と施工は大成建設が担当する。

参画者=日鉄興和不動産、第一生命保険、関電不動産開発、東京ガス不動産、九州旅客鉄道、大成建設

本プロジェクトは、老朽化していた虎の門病院・国立印刷局・共同通信会館の機能更新し、快適な歩行者ネットワークの形成、高機能オフィスの整備、など都市環境の向上を図るもの。

鳥瞰図
出典 東京都港区(病院等と業務棟)
階数高さ延床面積
業務棟地上38階、地下2階約180m約180,700㎡
病院棟(2019年開院)地上19階、地下3階約99m約85,500㎡
合計約266,200㎡
虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟 物件概要
名称虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟
所在地東京都港区虎ノ門二丁目105番
用途事務所、店舗、業務・生活支援施設、駐車場
敷地面積約22,500㎡
延床面積約180,700㎡
階数地上38階・地下2階
高さ約180m
構造鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
参画者日鉄興和不動産、第一生命保険、関電不動産開発、東京ガス不動産、九州旅客鉄道、大成建設
基本設計日本設計・三菱地所設計共同企業体
実施設計大成建設
施工大成建設
工事監理日本設計・三菱地所設計共同企業体
着工予定2020年9月
竣工予定2023年11月(予定)

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました