TSMCとソニーが熊本に新工場 デンソーなど1800億円追加出資(総投資額9800億円に増額)2024年までに開業予定 日本政府4760億円補助金決定

世界最大の半導体生産受託会社である台湾積体電路製造(TSMC)とソニーグループは、合弁会社「ジャパン・アドバンスト・セミコンダクター・マニュファクチャリング」(JASM)を設立し、半導体の新工場を熊本県に建設する。

この合弁会社の設備投資額は従来の8000億円から1800億円増額し9800億円とする。

また、従来は、回路幅22~28ナノメートルの半導体を生産する計画だったが、10~20ナノメートルの半導体を生産る。画像センサーと自動車用半導体を生産すると見られる。

出資額は、TSMCは最大2400億円、ソニーグループは約5億ドル(約570億円)、デンソーは400億円とされる。

また、日本政府も設備投資額の最大半額の4,760億円の補助金を出す決定をした。

TSMCの先端微細技術を使い、自動車や生産設備に欠かせない演算用半導体の生産を2024年末までに始める。

参照 熊本日日新聞 https://kumanichi.com/articles/560255

 

TSMCとソニーの合弁工場 概要

施設名TSMCとソニーの半導体合弁工場
所在地熊本県菊池郡菊陽町大字原水4000番地1の隣接地(第二原水工業団地)
敷地面積約21.3ha
合弁会社「ジャパン・アドバンスト・セミコンダクター・マニュファクチャリング」(JASM)
ソニー隣接工場ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(従業員9,800人)
ソニー側分担土地・建屋はソニーGが負担する(約570億円)
TSMC側分担製造プラント建設
総投資額9,800億円(TSMC最大約2400億円・ソニー約570億円・デンソー400億円)
政府補助金最大4,760億円
着工2022年4月21日
生産開始2024年12月に製品出荷開始
半導体の回路線幅10~20ナノメートル(演算用ロジック半導体)
生産能力月産5万5000枚(300ミリウエハー換算)
雇用創出効果1,700人

 

アジアからのゲートウェイを目指す九州

九州は、アジアに近いという立地を最大限活用し、世界の成長センターであるアジア地域の成長力を引き込む日本の成長センター「ゲートウェイ九州」となって、日本の経済成長に貢献することを目指している。

今後、日本の成長センターは、アジアに近い「西日本」が中心になる可能性がある。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました