ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2022年移転】NTT西日本「京橋新本社」建設予定地を見てきた

2019/08/30

2019年8月撮影(NTT西日本新京橋ビル)

NTT西日本は、JR京橋駅(京阪京橋駅)の北西の社有地に本社を2022年頃に移転する方針を固めた。概要は2019年8月中にも公表される。

 

NTT西日本新京橋ビル 物件概要

名称 NTT西日本新京橋ビル
所在地 大阪市都島区東野田町4-15-82
用途 オフィス
敷地面積 38,008.84平米
建築面積 3,885.91平米
延床面積 38,632.53平米
構造 鉄骨造
階数 地上11階
竣工 2017年8月

引用 https://www.ntt-f.co.jp/architect/building/ntt-west-kensyuu-kyobashi.html

 

2019年8月撮影(NTT西日本新京橋ビル)東側

NTT西日本の社有地の敷地東側には、2棟の建物があるので、「新本社」は敷地西側に建設されると予想される。

 

2019年8月撮影(敷地西側)

NTTの敷地西側の建物が解体されており、2019年11月に解体が終了する予定。

 

2019年8月撮影

 

2019年8月撮影(解体中の建物)

 

現地案内図

コメント

現在のNTT西日本の本社ビルには約2,000人が勤務しており、将来的な増員を見込んで4,000人規模のオフィスになるのではないか?

平均的オフィスの場合、社員1名につき10平米なので延床面積は40,000平米以上となる可能性がある。

ただ、現在の既存建物の解体が2019年11月に完了後、新本社を着工し2022年に移転というスケージュールなので、建設期間は約2年となる。

例えば150mの超高層ビルの建設期間は3年~4年なので、本件物件の建設期間2年では間に合わない。

また、既存の「NTT西日本新京橋ビル」と一体化して使用すると効率がいいし、オフィスの基準階面積が広い方が使い勝手がいい。

したがって、「NTT西日本新京橋ビル」と同程度のオフィスビルを隣接して建設するのではないか?

NTT西日本新京橋ビル

西側は、南側や東側と異なるデザインになっている。

根拠はないが、見た目だけで予想すると、西側に「増築」のような形で「新本社」を建設する可能性もあると思う。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!