VS.(ヴイエス)2024年9月開業「グラングリーン大阪(うめきた2期)北公園」旧仮称・ネクストイノベーションミュージアム

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 umekita2.jp

JR大阪駅北側の再開発区域「グラングリーン大阪(うめきた2期)」の北公園内に、スタートアップ(新興企業)を中心に新たな産業の創出やイノベーションを目指す交流・展示施設「VS.(ヴイエス)」が2024年9月に開業する。

施設名称の「VS.(ヴイエス)」は、「Vision(ビジョン)」を実現する「Studio(スタジオ)」や「Station(ステーション)」との意味を込めた略語。

旧仮称は「ネクストイノベーションミュージアム」で、グラングリーン大阪(うめきた2期)の中核機能を担うイノベーション(技術革新)施設「JAM BASE(ジャムベース)」の主要拠点となる。

世界最高級のコーヒーが飲めるカフェなども併設する。

2023年10月(南から撮影)

2023年10月(南から撮影)

2023年10月(南西から撮影)

2023年10月(東から撮影)

VS.(ヴイエス)概要

VS.(ヴイエス)は、「グラングリーン大阪(うめきた2期)北公園」に建設され、施設の大部分は地下に埋設され、地上部分は壁面緑化によって緑のボックスとなる。

これにより、周辺の公園景観に溶け込むような外観となる。

新しい製品や技術、サービス、アートなど、ライフデザイン・イノベーションに資する「モノ」や、イベント・プログラム等のさまざまな「コト」に触れられる、天井高さ15mを誇る大展示室を擁した施設となる。

コンテンツの展示者(企業、開発者、研究者、アーティスト等)にとっても、自らのイノベーション活動に活かせる市民・ユーザーとの接点の場となる。

 

「うめきた公園」2024年9月行開業

「うめきた公園」は、2024年9月に先行開業し、2027年春に完成する。

VS.(ヴイエス)も2024年9月に先行開業する。

 

VS.(ヴイエス) 概要

出典 umekita2.jp

名称 VS.(ヴイエス)
スタジオ面積 1,400㎡(3スタジオ合計)
天井高 約15m(スタジオA)
運営 トータルメディア開発研究所

野村卓也事務所

設計・監理 日建設計
設計監修 安藤忠雄建築研究所
施工 竹中工務店・大林組
付帯施設 世界最高級のコーヒーが飲めるカフェ

出典 大阪市

 

出典 オリックス

公園利用者・施設来館者が利用できる飲食・物販機能も併設する。

 

一般社団法人うめきたMMO(“MIDORI” Management Organization)

グラングリーン大阪のパークマネジメントとエリアマネジメントを一体的に行う組織「一般社団法人うめきたMMO(“MIDORI” Management Organization)」が、2023年6月1日に設立された。

グランフロント大阪のエリアマネジメント行う「一般社団法人グランフロント大阪TMO」とも連携する。

 

グラングリーン大阪(うめきた2期)出典 umekita2.jp

グラングリーン大阪(うめきた2期)はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」の3つのエリアに分かれる。

うめきた2期の開発面積は約17ha・地区面積約9.1ha。

このうち「都市公園(仮称うめきた公園)」の面積は45,000㎡で、2022年5月に着工し、2027年夏に全体が完成すると大規模ターミナル駅に直結する世界最大級の都市公園となる。

都市公園は「南公園」と「北公園」に分かれるが「空中歩道(ペデストリアンデッキ)」で結ばれる。

また、1万人規模のイベントスペースや博物館も設置する。

 

スケジュール

年月 内容
2022年5月 うめきた公園の着工
2024年9月 うめきた公園の一部が供用開始
2027年春 うめきた公園全体が開園
2027年度 グラングリーン大阪(うめきた2期)全体「街びらき」

地図

うめきた公園 概要

公園名称 うめきた公園
所在地 大阪市北区大深町地内
面積 約45,000㎡
公園施設面積 約11,000㎡
整備主体 大阪市・独立行政法人 都市再生機構
整備手法 防災公園街区事業
基本設計 日建設計・三菱地所設計
実施設計 日建設計
施工 大林組・竹中工務店・竹中土木特定建設工事共同企業体
error: Content is protected !!