大阪市の木造密集市街地面積 1,333ha(2012年) → 641ha(2022年)半減するも日本最大

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

国土交通省が発表した平成24年度末(2012年度末)時点の「地震時等に著しく危険な密集市街地」の面積は大阪市の1,333haが全国最大だった。

令和4年度末(2022年度末)には、大阪市の密集市街地の面積は641haと半減しているものの、全国最大のままになっている。

この問題は全国的な課題であり、国土交通省が、国の予算を大阪府に重点的に配分すべきだと思う。

出典 大阪府

出典 大阪府

堺市と守口市は、2022年度末までに「密集市街地」面積は0haとなっている。

 

令和3年3月末時点(国土交通省)

出典 国土交通省

error: Content is protected !!