【2019年末竣工予定 】(仮称)ヨドバシ梅田タワー【35階 高さ150m 】

出典 ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは、大阪駅北側の自社所有地に高さ約150mの超高層ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」を建設しており、2019年12月末日に竣工予定。

 

2019年1月撮影

目視で35階建ての23階くらいまで鉄骨が組み上がり、一部の鉄骨は26階(床)まで到達しているようだ。

低層の商業施設の外壁カーテンウォールの設置はほぼ完成している。高層のホテル部分のカーテンウォールの設置が始まると予想される。

 

北西から撮影

鉄骨を3階分ずつ組立ており、1ヵ月で6階分高くなっている。こペースなら残り12階分(3階分×4回)を2ヶ月で組立できるかもしれない。

そうすると、2019年3月始めにも最上階(35階 高さ約150m)に到達する可能性がある。(前回は2019年5月と予想していたが、それよりも建設ペースが速い)

 

南から撮影

建物中央部分は26階(床)まで到達していると思われる。また、南面の中央が凸型になっている。

一般的には、エレベーターを南面に設置することはあまりない。というのは、日当たりのよい南面には客室を配置することが多いからだ。

また、本物件は1,000室の大型ホテルなので、エレベーターホールを中央の一か所ではなく、東西の2ヵ所に設置する可能性もある。(もちろん3ヵ所に設置の可能性もある)

「二方向避難の原則」(客室を出て左右どちらの方向に避難しても避難できる)から言って、「非常階段」は東西の端に設置されると思われる。

非常階段だけを東西に配置するというのも不自然な感じがする。

あくまでも一般論です。

もちろん、南面の凸部分がエレベーターの可能性はある。

国土交通省発表の資料などから、低層の商業施設のエレベーターは南側に設置される。

また、訪日外国人宿泊者に「ヨドバシ梅田」(南側)で買い物してもらうために、南側にエレベーターを設置して、「ヨドバシ梅田」へのアクセスをよくする狙いがあるのかもしれない。

 

JR大阪駅の南から撮影

「ヨドバシ梅田」越しに「ヨドバシ梅田タワー」が見える。

スポンサーリンク



ヨドバシ梅田タワー(仮称)物件概要

名称(仮称)ヨドバシ梅田タワー
所在地大阪市北区大深町4番8
用途百貨店・飲食店・ホテル・駐車場
敷地面積17,256.22平米
建築面積6,708.64平米
延床面積111,527.16平米
容積率対象面積92,287.68平米
高さ約149.90m
階数地上35階・地下4階・塔屋2階
構造鉄骨造・一部SRC・一部RC
客室数約1,000室
建築主ヨドバシホールディングス
設計者五洋建設
施工五洋建設
着工2017年8月8日
竣工予定2019年12月末日

現地配置図

フロア構成

出典 国土交通省

 

フロア用途延床面積
地上9階~地上35階ホテル約41,500平米
地下1階~地上8階商業施設約48,500平米
地下4階~地下2階駐車場約15,100平米

9階~35階には客室数1,000室の「阪急阪神第一ホテル」系のホテルが入居する。

ホテルブランドは未定だが、訪日外国人や国内観光客、出張客の利用を想定し、宿泊主体ホテルとなる予定。

ホテル部分の延床面積は約41,500平米で1室当たり約41.5平米となる。

レストラン、宴会場、廊下の面積を考慮すると、客室面積25平米~30平米と予想される。

地下1階~地上8階は商業施設となり、地下4階~地下2階の3フロアーは駐車場となる。

タワー北側地上1階には観光バス用の発着スペースを整備し、1階と2階にホテルフロントを設置する予定。

労災保険関係成立票の「事業の期間」は平成32年(2020年)1月31日となっている。

アクセス

 

2018年12月

 

2018年10月

 

2018年7月

 

2018年5月

 

2018年1月

 

2017年9月

ペデストリアンデッキ(pedestrian deck)は歩行者用の高架建築物の意味で、歩道橋と異なり、広場としても機能も持つ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました