中野サンプラザ建替計画「NAKANOサンプラザシティ」(地上61階建て・高さ262m・延床面積約30万㎡・4000億円)2028年度竣工予定(ホール・オフィス・住宅・商業・ホテル)複合超高層ビル

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

NAKANOサンプラザシティ

東京都中野区は、野村不動産(代表事業者)、東急不動産、住友商事、ヒューリック、JR東日本とともに推進する「中野四丁目新北口駅前地区第一種市街地再開発事業」について2021年5月6日に基本協定書を締結し、2023年11月15日に都市計画決定した。

「中野サンプラザ」は2023年7月2日に閉館し、新施設については2024年頃解体・2028年度内の竣工を目指す。

  • 新施設の敷地(街区)全体は「NAKANOサンプラザシティ」
  • 新ホール名は「NAKANOサンプラザ」

建物の規模は、地上61階建・高さ262m・敷地面積2.3万㎡・延床面積約30万㎡で、総事業費2,500億円、周辺を含め4,000億円となる。

2022年12月現在、中野区は430億円(総事業費の約2割)の補助金を負担するが、今後増加する予定。

ホール(着席5,000席・最大7,000人収容)、オフィス、住宅、商業、ホテルが入居する。

ちなみに現在の「中野サンプラザ」は1973年に全国勤労青少年会館として開館、収容人員は2,222人。

出典 東京都中野区

 

出典 東京都中野区

出典 東京都中野区

土地区画整理事業(5.2ha)と第一種市街地再開発事業(個人施行)を一体的に施工

NAKANOサンプラザシティ 物件概要

施設名称 NAKANOサンプラザシティ
事業の名称 中野四丁目新北口駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地 東京都中野区中野 4丁目 2-47 他
用途 ホール(着席5,000席・最大7,000人収容)

オフィス

住宅

商業

ホテル

施行予定区域面積 約23,456㎡
建築面積 約19,000㎡
延床面積 約298,000㎡
高さ 約262m
階数 地上61階建
代表事業者 野村不動産
構成事業者(施工予定者) 東急不動産

住友商事

ヒューリック

JR東日本

構成事業者(協力事業者) ・清水建設株式会社
・日本郵政不動産株式会社
・株式会社日本設計
・株式会社電通
・株式会社ジェイアール東日本ビルディング
・野村不動産ホテルズ株式会社
・野村不動産パートナーズ株式会社
・東急コミュニティー株式会社
・リージョンワークス合同会社
竣工 2028年度
総事業費 2,500億円(周辺を含め4,000億円)
アクセス JR 中央線・総武線・東西線「中野駅」徒歩1分

地図

error: Content is protected !!