【新建築別冊】三菱地所設計 創業130周年、新建築より「特集号2冊」が2020年9月29日発売予定


三菱一号館(筆者撮影)東京・丸の内

三菱地所設計は、1890年、東京・丸の内を近代的オフィス街として整備するため三菱社に設置された「丸ノ内建築所」をルーツとする日本最古の組織的設計事務所で、2020年9月、創業130周年を迎えた。

  • 初代の「三菱一号館」(1894年竣工)は、イギリス人建築家「ジョサイア・コンドル」が設計
  • 復元「三菱一号館」(2009年竣工)は三菱地所設計が設計、竹中工務店が施工を担当した。

常盤橋プロジェクト(2027年竣工予定)

  • 三菱第一号館から常盤橋プロジェクト(高さ390m)までの三菱地所設計のプロジェクトをまとめた特集号が「新建築2020年9月別冊 三菱地所設計創業130周年記念 想う力 未来へつなぐ」(税込4,100円)として2020年9月29日に発売。

 

  • また、古図面を分析研究した「丸の内建築図集 1890-1973 三菱地所設計 創業130周年記念」(税込2,970円)も2020年10月1日に発売。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました