IR(統合型リゾート) ニュース 話題 プロジェクト

横浜市、IR(統合型リゾート)事業者の構想案を公表【12事業者】

2019/05/29

出典 横浜市 (IR事業者の提案)

横浜市は、IR(統合型リゾート施設)誘致をめぐり、国内外の12事業者から募集した構想案を公表した。

それによると、すべての事業者が横浜港の山下埠頭の立地を想定し、ガジノに加え、国際展示場、会議場、劇場、美術館、宿泊施設を併設する構想を提示した。

 

横浜市は、「IRを導入する・しないについての判断をしておりません。」としている。

なお、「横浜港運協会」は、2019年5月15日にIR誘致に反対の意見を表明し、横浜市の地元調整は進んでいないことが分かった。

その後、2019年5月23日、政府は2019年7月1日に予定していた「カジノ管理委員会」設置を2019年秋以降に延期すると報道された。

今後、横浜市は2019年6月に市民向けに報告書の内容を説明する。

 

コメント

時系列的に考えれば、横浜市がIR候補地に立候補するのを待つために、政府がIR設置スケジュールを延期した可能性が高い。

12事業者から具体的な事業提案を募集していながら、「白紙」の状態とは納得できない。

横浜市としては、IR誘致したいが反対意見があり、IR候補地に立候補できないと思われる。

政府としては、2020年の東京オリンピック後の景気後退を緩和するために、首都圏にもIRを誘致したいのだろう。

しかし、これほどまでの政府の首都圏の優遇は目に余る。

 

横浜IR事業者案(12業者中9事業者が公表)

項目 金額・面積等
投資額 6,200億円~1兆3000億円
年間売上 3,500億円~8,800億円
山下埠頭面積 47ha
IR施設全体延床面積 67ha~150ha
MICE施設 7ha~22.9ha
宿泊施設延床面積 27ha~60ha
宿泊施設客室数 2,700室~5,000室
横浜への観光客数 4,400万人~7,800万人
IR訪問者数 800万人~5,200万人
直接雇用者数 1万人~5.6万人
間接雇用者数 0.7万人~14.9万人
経済効果(IR全体) 7,700億円~1兆6500億円

出典 横浜市 (IR事業者の提案)

 

IR事業者(12業者のうち3事業者は非公表)

ウィンリゾーツ・ディベロップメント
キャピタル&イノベーション株式会社
ギャラクシーエンターテインメントジャパン株式会社
Genting Singapore Limited (ゲンティン・シンガポール・リミテッド)
合同会社日本MGMリゾーツ
シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン
SHOTOKU株式会社
セガサミーホールディングス株式会社
メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社

3事業者の名称と提案内容は非公表だが、1兆3000億円以上の投資額を提案した事業者があるという。

米IR最大手「ラスベガス・サンズ」は以前から東京・横浜への進出に意欲を示していたが公表された9事業者には含まれていない。

関連コンテンツ



-IR(統合型リゾート), ニュース 話題, プロジェクト

error: Content is protected !!