「魅力度が高い都道府県(2021年)」1位北海道、2位京都、3位沖縄、4位東京、5位大阪

中央公会堂(大阪・中之島)

民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京)が2021年10月9日、2021年の都道府県別魅力度ランキングを発表した。

具体的には「以下の自治体について、どの程度魅力を感じますか?」という問いに対して

  • 「とても魅力的」を100点
  • 「やや魅力的」を50点
  • 「どちらでもない」「あまり魅力を感じない」「全く魅力的でない」を0点

として、それらの回答を自治体ごとに集計(点数)として算出した。点数が大きいほど消費者はその地域を「魅力的」と感じる人が多いことになる。

引用 https://news.tiiki.jp/articles/4697

 

魅力度が高い都道府県(2021年)

「うめきた2期(JR大阪駅北側再開発)」(出典 UR都市機構)

順位都道府県名点数
1位北海道73.4
2位京都府56.4
3位沖縄県54.4
4位東京都47.5
5位大阪府42.0
6位神奈川県40.0
7位福岡県37.5
8位長崎県33.9
9位奈良県33.4
10位長野県32.5
10位石川県32.5
12位千葉県30.4
13位兵庫県30.0

北海道道は13年連続1位、京都府も13年連続2位、大阪府は前年の6位から5位に上昇した。

4位の東京都は47.5点、5位の大阪府は42.0点なので差は5.5点となっている。

「うめきた2期」が一部街びらきする2024年、大阪・関西万博が開催される2025年には、大阪府が東京都を抜く可能性もある。

大阪・関西万博(2025年)

 

大阪IR(2020年代後半開業予定)

 

魅力度とは「観光で行きたい」と言う意味か?

JR大阪駅前(2021年)

順位都道府県名特徴
1位北海道雄大な自然・ウインタースポーツ
2位京都府古都の歴史的町並み・神社仏閣
3位沖縄県美しい海・冬でも温暖な気候
4位東京都都市観光
5位大阪府都市観光

1位~5位の都道府県は自然観光、歴史観光、都市観光と観光の種類が違うが、すべて交通アクセスがいいという共通点がある。

例えば「美しい海」があっても1週間に1便の航空便しかないなら「魅力的(行きたい)」とは思わない。

魅力度3位の沖縄は、羽田=那覇便が通常期でANA15往復、JAL15往復、スカイマーク6往復の1日36往復運航されている。

魅力度2位の京都は地下鉄が2路線しかないが、市バスが縦横無尽に運行しており1日700円(2021年10月から)で乗り放題となる。

東京都は地下鉄13路線、大阪府は地下鉄8路線で、都心部はほとんど駅から徒歩10分~15分で行ける。

団体旅行なら貸し切りバスで観光するので「公共交通機関」の必要性はそれほど高くなかった。しかし、個人旅行が主流となっているので、個人が自由に移動できる「公共交通機関」の整備が重要になっている。

しかし、公共交通機関の整備には多額の費用がかかる。例えば那覇空港は2020年3月に第2滑走路の供用を開始したが総事業費は2,074億円だった。

結局、魅力度を高めるためには、数千億円の費用がかかる空港整備、1km当たり400億円かかる地下鉄整備など公共交通機関の整備が必要だと思う。

それが無理なら京都市のように毎年多額の赤字(2021年度56億円の赤字予想)を出しながら市バスを運行するしかない。但し、毎年50億円の赤字なら20年間で1000億円の赤字となるので、普通の都市ではできないと思う。

いくら魅力的な観光拠点を作っても空港もなく、新幹線もなく、高速道路もないなら1日100人くらいしか来ないと思う。

地下鉄の建設費は1km当たり400億円かかる。したがって、市街地全域に地下鉄を建設できるのは、東京、大阪、名古屋、横浜、札幌、福岡くらいしかない。

福岡市は2015年に人口153万人で神戸市の人口を追い抜き、2021年10月現在162万人と6年間で9万人も人口が増加している。

この人口増加を背景に、福岡市は地下鉄七隈線の延伸事業を進めており、2022年度に開通する予定だ。交通機関の利便性が高まれば、さらにオフィスや商業施設が建設され人口が増加する。

都市観光については、人口増加 → 交通機関の整備 → 魅力度上昇ということだと思う。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました