大阪・茶屋町にMIZUNO OSAKA CHAYAMACHI(ミズノオオサカ茶屋町)2018年4月20日開業

2018年3月撮影(阪急電鉄梅田駅 茶屋町口付近)

2018年4月20日(金)、ミズノはグローバルフラッグシップストア「MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI(ミズノオオサカ茶屋町)」を、大阪市北区茶屋町にオープンした。

正面から撮影

1階には「エイブル 大阪梅田店」(不動産会社)が入居する。

2018年6月29日、ミズノ・オオサカ(梅田・茶屋町)の1Fに「嵜 sakmoto bakery」がグランドオープンした。

MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI 概要
店舗名MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI
所在地大阪市北区茶屋町17番1
敷地面積442㎡
延床面積2,778㎡
構造鉄骨造
高さ34m
階数地上8階
竣工2018年4月
アクセス阪急「大阪梅田駅」
地図


フロア構成(予定)

8F機械室
7Fイベントホール
6F野球/ソフトボール
5F球技/陸上競技
4Fスイム/ラケットスポーツ/武道
3Fウォーキング/アウトドア
2Fランニング
1Fスポーツ・スタイル

阪急電鉄が、大阪市北区茶屋町に商業ビル「(仮称)茶屋町17番地計画ビル」を建設し、そのテナントとして、MIZUNO OSAKAが入店する。

外観は隣接するビルと調和するデザインで、なかなかいい。ミズノの「ランバードマーク」が印象的なアクセントになっている。

ミズノの旗艦店は、これで「東京・神田」「大阪・淀屋橋」「大阪・梅田」の3店舗となる。

スポーツウェアだけでなく、タウンユースでも着用できるウエアにも注力する。そのため、ファンション性の高い「茶屋町」に出店する。

女性向けに「パウダールーム」も充実させて、若い女性を取り込む。

現在の「淀屋橋店」はウォーキングやランニングに特化した店舗に改装する。

 

なぜ、梅田に出店するのか?

世界のスポーツ用品メーカーの1位はナイキで売上高3兆円、2位はアディダスで売上高2兆4000億円、3位グループはアシックス、ニューバランス、プーマなどで売上高は4,000億円~5,000億円となっている。

ミズノの売上高は2,000億円と世界のトップメーカーから大きく出遅れてしまった。

その原因は、ミズノは高い技術を持ちプロスポーツ選手から支持されているが、一般向け(タウンユース)商品の販売が伸び悩んでいることだ。

「MIZUNO OSAKA」は出遅れていた一般向け(タウンユース)商品の売上を伸ばすためのマイル・ストーンと言える店舗かもしれない。

NU茶屋町の入り口左側のビルも建替えされている。茶屋町はおしゃれな街になりつつある。

神戸の居留地もおしゃれだが、普通の人が、毎週、ブランド品を買うはずもない。一般人にとっては「見るだけ」の街に過ぎない。

一方、茶屋町は、毎週行って、食事や買い物ができる「お洒落な街」となっているのが違う。

しかも、神戸旧居留地は、三宮駅から徒歩15分とアクセスが悪いが、大阪・茶屋町は阪急梅田駅茶屋町口から徒歩1分なので、アクセスは圧倒的にいい。

店名は「ミズノオオサカ茶屋町」で、「茶屋町」という地名が入っている。「茶屋町」という地名は、現在のところ全国区ではないが、今後ブランド化する可能性がある。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました