コラム 小説 ニュース 話題

「次世代高速通信5G」で何が変わるか?【スマホ 移動体通信】

投稿日:

 

2019年9月20日、NTTドコモは「次世代高速通信5G」を一部のエリアで試験サービスを開始した。今後2020年春に全国展開する予定。

現在の4G(LTE)の通信速度の100倍という「5G」で何が変わるのか?

2019年6月にもブログ記事に書いたが、ブログやSNSがどうなるか予想してみた。

 

5Gと4Gの違い

通信速度 同時接続数 超低遅延
4G/LTE 0.1Gbps(100Mbps) 5万台/1平方km 0.005秒(5ミリ秒)
5G 10Gbps(100倍) 100万台/1平方km 0.001秒(1ミリ秒)

5Gの特徴

  • 高速大容量   (100倍の速度)
  • 多数同時接続(20倍の接続台数)
  • 低遅延性      (遅延が10分の1になる)
  • 5G対応端末が必要

コメント

データ量が多くなるので、「データセンター需要が増加する」「自動車の自動運転」「遠隔医療」「工場場制御監視」「在宅勤務」などが発達すると見られる。

また「ユーチューブ(youtube)」などの動画サイトが今以上に利用される可能性がある。

個人の情報発信も「ユーチューブ」の存在感が増してくるのではないか?

というわけで、試しにユーチューブ動画アップしました。

 

HD動画(1920× 1080)ですが、5G時代になると4K動画(3840 × 2160)が主流になるかもしれません。

4Kに対応するためには、カメラ、PC、編集ソフトも買い換える必要があるので、そういう需要が増加するかもしれない。

大阪という街全体で「5G時代」に対応しないといけない。

ツイッター」のフォロー、「ユーチューブ」のチャンネル登録も宜しくお願いします。

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.