ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2018年5月9日開業】アパホテル 東梅田 南森町駅前【240室】

「アパホテル 東梅田 南森町駅前」が2018年5月9日に開業する。すでに外観は完成している。

大阪メトロ「谷町線南森町駅」6号出口から徒歩1分の立地。ただし別の出口からなら徒歩5分かかる場合もある。
スポンサーリンク



「アパホテル 東梅田 南森町駅前」 物件概要

  • 所在地    大阪市北区南森町2丁目
  • 敷地面積  864.1平米
  • 延床面積 3,796平米
  • 階数       地上13階
  • 客室数    240室

大阪府下で14棟目4,647室(大阪市内12棟目4,426室)のアパホテルが大阪メトロ谷町線「東梅田駅」から1駅の「南森町駅」徒歩1分の場所に開業する。

「南森町駅」の別の出口から地上に出ると、信号があったりして、徒歩5分くらいかかる。

周辺は10階程度のマンションなどがあるので、13階建ての「アパホテル」は遠くからは目立たない。

上層階は、ある程度眺望を確保しているようだ。

オレンジの「APA HOTEL」の看板がよく目立つ。

見る角度によっては「アパホテル」の建物が見えないが、ホテル正面の「赤いゲート」で、「アパホテル」と分かるかもしれない。

出張客などは、深夜にホテルにたどり着くことが多い。そういう時に「オレンジの看板」はよく目立つ。

大きな道路に面していないので、場所が分かりにくいが、逆に、交通量が少なく静かな環境かもしれない。

肉眼で見ると、電線はあまり気にならないが、写真でみると電線が目障りだ。大阪の幹線道路では電線が地中化されているが、それ以外は電線地中化されていない。

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!