アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー(40階建・高さ136m・2060室)2024年9月竣工予定【JR難波駅徒歩1分】

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2024年1月(東から撮影)

アパホームとアパマンションは、同社ホテルとして西日本最大となる「(仮称)アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー」を2024年9月に竣工する。

ホテルの規模は、地上40階建・高さ136m・延床面積約37,800㎡・客室数2,060室、設計は日企設計、施工は熊谷組が担当する。

最上階に展望レストラン・プール、大浴場や大規模レストラン等を設置する。

目視で2024年1月現在、目視で40階建ての34階まで到達している。2024年2月には最上階40階まで到達すると予想される。

2024年1月(東から撮影)

2024年1月(西から撮影)

  • 右:「ローレルタワー難波」(39階建・高さ約133m・389戸)。
  • 左:「マルイト難波ビル」(31階建・高さ144m)、この建物の24F~31Fに「ホテルモントレ グラスミア大阪」(348室)が入居する。

 

2024年1月(西隣のOCATから撮影)

OCAT(大阪シティエアターミナル)の東側出口を出て数mの立地。

アクセスは、JR「難波駅」から徒歩1分。

地図

アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー 物件概要

完成予想図

名称 アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー
所在地 大阪市浪速区湊町一丁目5番33(地名地番)
用途 ホテル
敷地面積 3,306,07㎡
建築面積 2,000.00㎡
延床面積 37,800.00㎡
容積率対象面積 33,060.36㎡
事業者 アパホーム・アパマンション
客室数 2,060室

  • ダブル1,676室
  • ツイン368室(うち身障者対応21室)
  • トリプル14室
  • スイート2室
階数 地上40階
構造 鉄骨造
高さ 135.98m
設計 日企設計
施工 熊谷組
着工 2022年3月15日
竣工予定 2024年9月30日

 

計画変更前の完成予想図(34階建)

 

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

 

過去写真

2023年11月

2023年11月(東から撮影)

2023年11月(南東から撮影)

2023年11月(西から撮影)

2023年11月(西から撮影)

2023年11月(西から撮影)

 

2023年5月

2023年5月(東から撮影)

2023年5月(南東から撮影)

 

2022年4月

2022年4月(東から撮影)

2022年4月現在、杭工事を施工している。

2022年4月(南東から撮影)

2022年4月(南から撮影)

 

2021年12月

2021年12月(東から撮影)

 

2021年12月(前面道路)

 

2019年11月

 

2019年11月(駐車場になっている場所)

2019年11月

2019年11月

 

2025年の大阪・関西万博開催前に2棟の大規模アパホテルタワーが大阪に開業することになる。

error: Content is protected !!