「ニコニコ動画」で推定年収6億円 メンタリストDaigoさんの言動から「神戸問題を考える」

メンタリストDaigoさんは「ニコニコ動画」で月額550円のチャンネルを開設していて、その有料会員数が12万人という。

 

メンタリストDaigoさんの推定年収
有料会員数 月額料金 月間売上高 年間売上高 年収(売上高の83%)
約120,000人 550円 6,600万円 7億9200万円 約6億5700万円

これからは「youtube」の時代と思っていた。しかし、意外にも「ニコニコ動画」の収入が多く、場合によってはチャンネル登録者100万人のユーチューバーよりも多いかもしれない。

 

ユーチューバー収入試算(当ブログ分析)

当ブログの試算では、ユーチューバー月収はチャンネル登録者数に5円をかけた金額になると思う。

チャンネル登録者数 月収(登録者数×5円) 年収
1,000人 月収5,000円 6万円
1万人 月収5万円 60万円
10万人 月収50万円 600万円
100万人 月収500万円 6,000万円

もちろん、実際には、試算した月収の数分の1だったり、逆に数倍だったりすると思います。また別途企業案件などあればもっと多くなると思います。

しかし、月収のイメージとしてなら「チャンネル登録者数 × 5円」は、いい線をいっていると思います。

ちなみに、メンタリストDaigoさんのユーチューブ収入はチャンネル登録者は177万人なので月収約900万円(年収約1億円)と推定され、ニコニコ動画とユーチューブの合計で年収7億5000万円くらいかもしれない。

 

Daigoさんの考え

メンタリストDaigoさんは、プライドの高い人の失敗の原因として「現実を見ずに、自分の理想とする自分とギャップを克服できず、現実逃避して失敗する。」と語っています。

また、プライドの高い人は「自分の下した判断を失敗と認めないため、軌道修正ができず間違った方向に進んでしまう。」とも言っています。

Daigoさんの解決策は「ないもねだりをやめて、今あるものをどう使うかを考える。」ということです。

 

神戸の教員問題

中学教員は、世間一般から「先生」と呼ばれ社会的地位があると思う。しかし、本人的には「あるべき自分」とは違っていたかもしれない。

例えば、地方公務員上級職になるべきでも思っていたのかもしれないが、結局「あるべき自分」にはなれず、「本人的には惨めな自分」を受け入れることができず、他者を貶めることにより、自分が優位であると「自分で思い込み」たかったのかもしれない。

 

神戸人の特徴

これは、神戸人一般にも言えるのではないか?例えば、神戸人は住んでいる場所によって「阪急=上流」「JR=普通」「阪神=庶民的」とマウントすることが多い。

それは行政機関にも言えることで、神戸市や兵庫県は大阪市や大阪府と同格と思っていてすぐに張り合う。

例えば、大阪府吹田市に2万人規模のアリーナを建設する計画が公表されると、兵庫県は大阪に負けじと明石市に2万人のアリーナを建設すると発表した。

また、大阪に関空ができると、神戸市は市営の神戸空港を建設した。

その神戸空港の利用者は、2019年8月から1日60便から80便へ規制緩和された結果、2019年11月には月間利用者数約30万人となった。これは年間利用者に換算すると360万人の規模になる。

神戸空港の利用者数が増加することは、神戸人のプライドを満足させるかもしれない。しかし、現実は大阪府民が運賃の安いスカイマークを利用しているに過ぎない。

大阪府民の動線を考えると、三宮駅からポートライナーに乗り換えるだけで神戸市内への経済効果はほとんどない。

実際、神戸の百貨店売上は減少しているし、神戸市の人口も減少している。

 

神戸が発展するには「失敗を認める」べき

神戸空港の利用者は増加しても神戸市内の経済効果はない。神戸が発展するには「神戸空港は失敗」だったと認めることだ。

そして、神戸空港は廃港にして、ユーチューバー村を作ってはどうか?

世界や日本のトップ・ユーチューバーが100人くらい移住してくれば、年商数百億円になるのではないか?

神戸から世界に情報発信できるし、神戸市内で1度に数千万円の買い物もするかもしれない。また、ユーチューバーフェスティバルを開催すれば世界中から数万人が集まると思う。

世界初のユーチューバーテーマパークとして集客できるし、アスレチック系、実験系のユーチューバーが世界中から集まって、神戸はユーチューバーの聖地になるかもしれない。

 

編集後記

Daigoさんの動画を見ていろいろ参考になった。

自分なりに解釈して神戸(兵庫)についてちょっとコメントします。

神戸(兵庫)が大阪の真似するなら、集客力から言って「ミニ大阪」になるだけで、それは「大阪」を有利にすることになる。

例えば、コンサートを「吹田市の2万人アリーナ」と「明石市の2万人アリーナ」を比較すると、交通アクセスから言って「吹田市の2万人アリーナ」が選択されるだろう。

つまり、「明石市の2万人アリーナ」は「吹田市の2万人アリーナ」の引き立て役になるだけで、大阪に有利に働くだけだ。

したがって、神戸は「大阪にない物」「大阪よりも大きい物」を作り上げる必要がある。

そうだとすると、関空よりも小規模な神戸空港では勝てないので、廃港にして、大阪にない物「ユーチューバー村」を作るべきだ。

ちなみにDaigoさんは「行動経済学」も勉強しているようです。

神戸市も「行動経済学」の専門家にアドバイスをもらった方がいいのでは?

ちなみに、「行動経済学」とは人々は感情に動かされ、経済学的には非合理な選択をするという視点から経済を研究するものです。

error: Content is protected !!