【奈良公園内 高級ホテル】ふふ奈良(30室)2020年6月5日(金)開業【隈研吾氏デザイン】


2020年6月5日(金)奈良公園内に世界的建築家「隈研吾」氏がデザインした高級ホテル「ふふ奈良」が開業する。

客室数は30室、客室面積は全室70㎡以上で世界的に注目されている「スモールラグジュアリーホテル(SLH)」というカテゴリーのホテルで、うち2室は客室面積120㎡の「ふふラグジュアリープレミアムスイート」となる。

奈良は京都のようにホテルを大量建設するのではなく、「高級路線」のスモールラグジュアリーホテルを中心に建設し「オーバーツーリズム問題」を解決しようとしているのかもしれない。

宿泊料金は1室(2名)1泊70,000円~180,000円程度となる。

政府の「GO TO キャンペーン」(1名1泊あたり最大20,000円分クーポン付与)の対象となれば、半額で宿泊できるかもしれない。

当ブログの解釈では、「GO TO キャンペーン」は「1名1泊あたり最大20,000円分クーポン付与」なので、対象となる宿泊料金は「1名1泊40,000円」までと思われる。つまり、「2名1泊80,000円」なら「1名20,000円×2名=40,000円分のクーポン」が付与されると思われる。

ふふ奈良

アクセスは、近鉄「奈良駅」から車5分、徒歩18分(約2km)。

奈良県産の「吉野杉」を使用しており、奈良の魅力を発信するホテルとも言える。また「宮城俊作」氏が担当した「庭園」デザインも注目される。

スキーム

奈良県が所有する高畑町裁判所跡地に民間提案施設を建設・運営する事業で、ヒューリックの子会社「ヒューリックふふ(株)」が運営を担当する。

 

ふふ奈良 物件概要
名称ふふ奈良
所在地奈良市高畑町1184-1
用途ホテル
敷地面積約13,000㎡
延床面積約4,500㎡
客室数30室
付属施設レストラン1か所・スパ1か所
階数地上2階
構造鉄骨鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
設計隈研吾建築都市設計事務所・淺沼組
施工淺沼組
開業2020年6月5日

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました