ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

【阪神なんば線】淀川すれすれ 橋架け替え【2018年12月9日着工】

阪神電気鉄道なんば線の大阪市内の淀川にかかる橋(伝法駅~福駅の間)を架け替える工事が2018年12月9日に始まる。

現在は最低潮位から4メートル程度の高さしかなく「淀川にかかる橋で、最も水面に近い」(国土交通省)ため、高潮や大雨に伴う洪水対策が課題だった。

下流側に桁が7メートル程度高い新たな橋を建設する。鉄道を運行しながら事業を進めるため、15年後の完成を目指す長期事業になる。

引用 参照 日経新聞

現在の橋は、1924年に完成し、長さは758mで橋脚が39本あり、船舶が運航にしくかった。また増水時に川の流れを妨げる可能性もあった。

新橋の総工費は560億円で国が470億円を負担し、大阪市が60億円、阪神電鉄が30億円を負担する。

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!