JAL エアバス最新鋭機A350-900型機を伊丹~那覇に投入 2021年3月26日(金)から1日2往復

JALは、エアバス社の最新鋭機A350-900型機(369座席)を2021年3月26日(金)より大阪国際空港(伊丹)=那覇空港路線に1日2往復で就航させる。

JAL伊丹~那覇路線としては初の国内線ファーストクラス導入

現在、JALの伊丹=那覇線はボーイング777-300型機で運航している。この777-300型機はJALの保有する国内線用機材の中で最大の500座席だが、国内線ファーストクラスの設定がなく、クラスJ(78席)と普通席(422席)の2クラス制だった。

JALの伊丹~那覇線は、多いときには1機に3校くらいの修学旅行客が搭乗していた。もし、国内線ファーストクラスを設定すると、修学旅行客が利用する普通席が少なくなるので、今まで設定していなかったのだと思う。

実際、777-300の普通席は422席、A350-900の普通席は263席となっている。

今回、新しく就航するエアバス社のA350-900型は、国内線ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラス制となる。

但し、2021年3月26日(金)の就航当初は、クラスJ、普通席の2クラスの販売となり、国内線ファーストクラスの座席(前方12席)はクラスJとして販売される。
つまり、国内線ファースクラス(12席)を座席指定して予約するとクラスJの料金で国内線ファーストクラスに搭乗できる。
  • A350での運航便は、2021年3月15日(月)20時以降、JAL Webサイトで確認できる。

 

JAL A350-900型機 伊丹=那覇運航情報
路線伊丹=那覇
運航開始日2021年3月26日(金)
JAL20818:50(伊丹発)=11:10(那覇着)
JAL208414:55(伊丹発)=17:05(那覇着)
JAL208112:10(那覇発)=14:00(伊丹着)
JAL208118:05(那覇発)=20:00(伊丹着)
国内線ファーストクラス12席
クラスJ94席
普通席263席
合計369席
    但し、運航日によって5分の遅着がある。
  • 8:50(伊丹発)
  • 14:00(伊丹着)
  • 14:55(伊丹発)
  • 20:00(伊丹着)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました