ブリーゼタワーは、2023年春「JR大阪駅(地下駅)」開業、2024年梅田3丁目計画開業で、超一等地になる?

ブリーゼタワー

ブリーゼタワーは、2008年、大阪・西梅田に竣工した地上34階・高さ175mの超高層ビルで、低層階は商業施設・劇場(サンケイホールブリーゼ)、高層階はオフィスが入居する。

2013年4月にグランフロント大阪がJR大阪駅北側に開業したことなどから、近年は商業施設の閉店が相次いでいる。

ブリーゼタワー物件概要

施設名ブリーゼタワー
所在地大阪市北区梅田2-4-9
敷地面積5,292㎡
建築面積3,621㎡
延床面積84,756㎡
高さ174.9m
階数地上34階・塔屋1階・地下3階
竣工2008年7月31日

地図

 

1F~2Fには「TATRAS CONCEPT STORE 大阪店」が開業するなど、比較的好調を維持している。

3F~4Fは、ホビーショップのフロアになっており「カードボックスオーサカ店」(カードゲームプレイヤーズショップ)が開業している。

世界最大級のマジック:ザ・ギャザリング専門店(カードゲーム)「晴れる屋トーナメントセンター大阪」(300席)が入居する。

賑わっているフロアもあるが、閉店している区画も多い。

梅田3丁目計画(40階・高さ188m・延床面積約23万㎡)2024年3月竣工

2024年3月にはブリーゼタワーから50mくらいの場所に「梅田3丁目計画」が竣工する予定で、JR大阪駅付近の人の流れが「西梅田エリア」に向かう可能性が高い。

「梅田3丁目計画」の地下1階からは信号もなく徒歩1分で「ブリーゼタワー」にアクセスできるようになる。

梅田3丁目計画完成予想図(出典 大阪市)

2023年春には、JR大阪駅(地下駅)が開業し、JR大阪駅の西口改札が暫定開業する。(2024年夏に完全供用)

JR大阪駅の改札口までの距離が短縮される可能性がある。

さらに、2028年までに「うめきた2期」が順次開業するので、JR大阪駅の西エリアが賑わう可能性がある。

ここ1年~2年は、集客に苦労するかもしれないが、2024年以降は大阪の超一等地になる可能性もある。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました