京阪本線(寝屋川市~枚方市5.5km)連続立体交差事業2022年度着工・2031年頃完成か?

光善寺駅化成予想図(出典 枚方市)

大阪府は、寝屋川市、枚方市、京阪電気鉄道と共に京阪本線「香里園駅」付近から「枚方公園駅」付近の約5.5kmの鉄道を2022年度に着工し高架化する。

大阪府の資料によると、当初計画では平成31年度着工・平成40年度完成予定で工期は9年だった。

したがって、2022年度に着工すると、完成は9年後の2031年度と予想される。

本事業により21箇所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る。

出典 枚方市

枚方公園駅完成予想図(出典 枚方市)

参照 大阪府 https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/8118/00037977/h20shimo_11chosho(keihan).pdf

参照 建設工業新聞 https://www.decn.co.jp/?p=125185

 

京阪本線(寝屋川市~枚方市5.5km)連続立体交差事業概要

事業名称京阪本線(寝屋川市・枚方市)連続立体交差事業
延長約5.5km(寝屋川市域2.1km・枚方市域3.4km)
踏切除却数21箇所
事業主体大阪府
着工2022年度
竣工2028年度(当初計画)・着工後9年として2031年度か?
総事業費約1,068億円(当初計画・国406億円・府252億円・市152億円・鉄道90億円)
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました